情報公開・個人情報保護

更新日:2022年02月24日

ページID : 4182

情報公開制度について

本市では、市民の市政に対する理解と信頼を深め、市政への参加をより一層推進し,公正で民主的な開かれた市政を推進することを目的として、竹原市情報公開条例を制定し、公文書の公開手続を定めております。

1 実施機関

市長、教育委員会、選挙管理委員会、監査委員、公平委員会、農業委員会、固定資産評価審査委員会、水道事業管理者及び議会

2 公開請求できる文書

実施機関の職員が職務上作成し、又は取得した文書、図画及び写真であって、決裁、供覧等の手続が終了し、実施機関が管理しているもの

3 公開を請求できる者

  1. 市内に住所を有する者
  2. 市内に事業所又は事務所を有する個人及び法人その他の団体
  3. 市内に存する事業所又は事務所に勤務する者
  4. 市内に存する学校に在学する者
  5. 前各号に掲げるもののほか,実施機関が行う事務事業に利害関係(契約関係など)を有するもの

4 公開をしないことができる公文書

  1. 法令秘情報
  2. 個人情報
  3. 法人等情報
  4. 生命等保護情報
  5. 国等協力関係情報
  6. 合議制機関等関係情報
  7. 意思形成過程情報
  8. 市政運営情報

5 申請書ダウンロード

(注意)【3 公開を請求できる者】に該当しない場合は、以下の「公文書任意公開申出書」を提出してください。

個人情報保護制度について

本市では、行政の適正かつ円滑な運営を図るとともに、個人の権利利益を保護することを目的として、竹原市個人情報保護条例を制定し、個人情報の開示請求等の手続を定めております。

1 実施機関

市長、教育委員会、選挙管理委員会、監査委員、公平委員会、農業委員会、固定資産評価審査委員会、水道事業管理者及び議会

2 開示請求できる文書

実施機関の職員が職務上作成し、又は取得した個人情報であって、当該実施機関の職員が組織的に利用するものとして、当該実施機関が保有しているものをいう。 ただし、公文書に記録されているものに限る。

3 開示を請求できる者

  1. 本人
  2. 本人が未成年者又は成年被後見人の場合は、法定代理人

4 開示できない文書

  1. 法令等の規定により開示することができないもの
  2. 開示に係る 本人の評価、判定、診断、指導、選考等に関する情報
  3. 開示請求に係る本人以外の個人に係る個人情報
  4. 法人等に関する情報又は開示請求に係る本人以外の事業を営む個人の当該事業に関する情報
  5. 個人の生命、身体、財産等の保護、犯罪の予防又は捜査に関する情報
  6. 国等及び市の内部又は相互間における審議、検討、協議、調査研究等に関する情報
  7. 市又は国等が行う事務又は事業の性質上、適正な遂行に支障を及ぼすおそれがある情報
  8. 市、国等及び開示請求に係る第三者が要請を受けて、開示しないとの条件で任意に提供した情報

5 申請書ダウンロード

(注意)代理人が申請する場合は、委任関係を証する書類を添付すること。

請求方法等について

  1. 申請書を自書し、市役所本庁総務課窓口にて提出
  2. 申請書を自書し、総務課へ郵送にて提出

※個人情報開示請求の場合は、本人確認書類の写しの提出が必要です。

(本人確認書類の例:マイナンバーカード、運転免許証など)

送付先

〒725-8666竹原市中央五丁目1-35 竹原市総務課行政係 宛

注意

(注意)回答に際して、写しの作成を希望される場合は、白黒1枚10円・カラー1枚20円(両面は白黒1枚20円、カラー1枚40円)を、文書の郵送を希望される場合は、郵送料実費をご負担いただきます。(金融機関での払込書にてお支払いただきます。)

この記事に関するお問い合わせ先

総務企画部 総務課 行政係
〒725-8666 広島県竹原市中央五丁目1番35号
電話番号:0846-22-7719
ファックス番号:0846-22-8579
メールでのお問い合わせはこちらから