本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中の市税から令和2年度から個人住民税は原則特別徴収になります
ここから本文
令和2年度から個人住民税は原則特別徴収になります

 広島県と県内全23市町では,令和2年度(2020年度)から従業員の方の個人住民税を,原則すべて特別徴収(給与天引き)とすることを決定しました。
 現在,特別徴収を実施していない事業主の皆さまには,実施に向けて準備を進めていただくようお願いします。



 個人住民税の特別徴収とは?

 個人住民税の特別徴収とは,事業主(給与支払者)が,所得税の源泉徴収と同じように,従業員(納税義務者)に代わって,毎月従業員に支払う給与から個人住民税(市民税と県民税)を天引きして,その従業員に課税した市町へ納入していただく制度です。
 事業主は,特別徴収義務者として,法人・個人を問わず,原則すべての従業員(※1)について,個人住民税を特別徴収していただく必要があります。
 ※1原則として,従業員には,パート,アルバイト,短期雇用者,非常勤職員,役員など全ての従業員が含まれます。

     事業主の皆さまへ (個人住民税の特別徴収について) [PDFファイル/492KB]




 特別徴収の納税のしくみ

特別徴収の納税のしくみ
 

 特別徴収の実施に関して

  特別徴収の事務手引き (Wordファイル:1.1MB)

 よくあるお問い合わせ Q&A

個人住民税の特別徴収についての Q&Aは,こちらをご覧ください。

 (参考) 「個人住民税の特別徴収」 に関するQ&A (Wordファイル:151KB)

 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.