本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中の市税から長期優良住宅の新築に係る固定資産の減額
ここから本文

長期優良住宅の新築に係る固定資産税の減額

 平成21年6月4日から令和4年3月31日までに、「長期優良住宅」として広島県の認定を受け住宅を新築した場合は、申請によりその家屋の固定資産税が減額されます。

 減額を受けられる要件

 長期優良住宅として認定され新築した住宅であること

 居住部分の割合が家屋全体の床面積の2分の1以上であること

 床面積が50平方メートル以上280平方メートル以下であること
  (1戸建以外の貸家住宅にあっては40平方メートル以上280平方メートル以下)

 減額を受けられる期間

    一般の住宅 新築後5年間

    3階建以上の中高層耐火住宅等 新築後7年間

 減額を受けられる範囲

    新築された住宅用家屋のうち居住部分の120平方メートル相当分まで

 減額される額

    上記の減額範囲に相当する固定資産税額の2分の1

 申請の方法


 添付書類

    長期優良住宅認定通知書の写し

 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.