本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中の市税から軽自動車税について
ここから本文

軽自動車税(種別割)とは

 毎年4月1日に主たる定置場が竹原市内にある原動機付自転車・軽自動車・小型特殊自動車及び二輪の小型自動車を所有している人に課税されます。
 したがって、4月2日以降に廃車などの手続きをしても、その年度分の税金は全額納めていただくことになります。

 ※令和元年10月1日から、環境性能割の創設に伴い、軽自動車税は「軽自動車税(種別割)」に名称が変更されました。


   軽自動車税(種別割)の税率

  ◎原動機付自転車及び二輪車
車  種税額
原動機付自転車50cc以下
(定格出力0.6kw以下)
2,000円
90cc以下
(定格出力0.8kw以下)
2,000円
125cc以下
(定格出力1kw以下)
2,400円
ミニカー3,700円
二輪の軽自動車(125ccを超え250cc以下のもの)3,600円
小型特殊自動車農耕作業用のもの2,000円
その他のもの5,900円
二輪の小型自動車(250ccを超えるもの)6,000円

  ◎三輪車及び四輪車
車  種平成27年4月1日
以降に新規登録した
軽自動車
平成27年3月31日
までに新規登録した
軽自動車(右記以外)
新規登録から
13年超の経年車
(重課)※
軽自動車
(660cc以下)
三輪のもの3,900円3,100円4,600円
四輪のもの乗用自家用10,800円7,200円12,900円
営業用6,900円5,500円8,200円
貨物自家用5,000円4,000円6,000円
営業用3,800円3,000円4,500円
※新規登録した年月日は、自動車検査証の「初度検査年月日」欄で確認できます。
※電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ハイブリット及び被けん引自動車は重課の対象外です。



  各種手続きの問い合わせ先

種別税金に関する相談窓口登録・廃車の手続き
小型特殊自動車市役所税務課市民税係市役所税務課市民税係
バイク125cc以下
125cc超
福山自動車検査登録事務所
電話:050-5540-2069
軽自動車
軽自動車検査協会福山支所
電話:050-3816-3081
普通自動車西部県税事務所
 ・本所(自動車税課)
 電話:0570-064-247
 ・東広島分室
 電話:082-422-6911
広島運輸支局福山自動車検査登録事務所
電話:050-5540-2069



    125cc以下のバイク・小型特殊自動車の登録・廃車手続きに必要なもの

こんなとき必要なもの
販売店から購入したとき1.申告書兼標識交付申請書(
2.販売証明書
廃車するとき
(廃棄・市外に転出・他人に譲るとき)
1.廃車申告書兼標識返納書(
2.標識(ナンバープレート)
他人のバイクを譲り受けたとき
(名義変更するとき)
1.旧所有者の廃車証明書または廃車申告書兼標識返納書(
2.申告書兼標識交付申請書(
(譲渡証明書欄に旧所有者の押印が必要)
他市町村から転入したとき1.申告書兼標識交付申請書(
2.前住地の廃車証明書または廃車申告書兼標識返納書()および標識
バイクもしくは標識が
盗難にあったとき
1.廃車申告書兼標識返納書(
(警察の盗難被害届の受理年月日と受理番号が必要)
→先に必ず警察に盗難の届出をしてください。
申告書兼標識交付申請書および廃車申告書兼標識返納書には、所有者と届出者の押印が必要です。


    減免について

    身体などに障害がある方が主に使う車や専用の構造を持つ車などは、申請により減免になる場合があります。
    減免の申請期間は,納税通知書郵送後(毎年5月初旬)から納期限(5月末)の7日前までとなります。
    くわしくは、市役所税務課市民税係までお問い合わせください。



 ご注意ください!

 バイクを手放したとき
業者に渡した、友人に譲ったなどでバイクが手元になくても、廃車の手続きをしない限り課税されます。

 知人・友人からバイクを譲ってもらったとき
バイクを知人・友人から譲り受けても、名義変更の手続きをしない限り、前の所有者に課税されます。

 
 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.