本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中の都市計画から土地取引に関する届出
ここから本文

土地取引に関する届出について(国土利用計画法に基づく届出)

 土地は,私たち国民のさまざまな活動にとって不可欠な基盤であり,自分勝手な土地利用は,周りの人々や将来の人々にまで迷惑をかけることになることがあります。そのため,地域全体の住みやすさや自然環境との調和などを考えて,適正な土地利用を行うことが大切です。

 国土利用計画法は,こうした考え方に基づいて,乱開発や無秩序な土地利用を防止するために,一定面積以上の大規模な土地の取引をしたときは,その利用目的などを届け出て,広島県の審査を受けることとしています。

◆届出が必要となる面積
 5,000平方メートル以上

◆届出期間
 土地の売買締結日を含めて2週間以内

◆手続き方法
 土地を取得した方は,土地の売買契約締結日を含めて2週間以内に,届出書に必要事項を記載・押印の上,添付書類と共に土地が存在する市町の国土利用計画法担当課までご提出ください。
 なお,契約日を改ざんするなどの虚偽の届出を行ったり,2週間以内に届出をしないと「無届」となり,繰り返すと,悪意が認められなくても,罰則(6か月以下の懲役,又は100万円以下の罰則)の適用になりますので,ご注意ください。
 


※ 手続等の詳細は国土交通省または広島県のホームページをご参照ください。

  国土交通省HP「土地取引規制制度」(該当ページへジャンプします) 

  広島県HP 「一定面積以上の土地取引を行った場合(事後届出)」(該当ページへジャンプします)

※2月と8月は「大規模土地取引に係る無届月間」です。無届には罰則がありますのでご注意ください。 
 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.