本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中の都市計画から竹原駅前賑わい空間再生事業
ここから本文
『Park(ing)Day in 竹原駅前あいふる通り』の開催
1.Park(ing)Dayとは
 2005年に米国・サンフランシスコで始まった、路上パーキングスペースを人のための空間に変える取組みです。毎年9月第3金曜日に実施され、世界中のムーブメントになっています。これまで、2017年に埼玉県さいたま市大宮、2018年に静岡県沼津市、2019年に東京都渋谷区宮益坂で実践しています。
 
 今年は『全国6都市※』の同時開催で,本市では竹原駅前あいふる通りの歩道や停車帯を利用し,来訪者にとって居心地が良く,歩きたくなる空間を創出するための社会実験を実施します。 
 ※横浜市,八千代市,四日市市,長浜市,倉敷市,竹原市


Park(ing)Dayの概要について (936kbyte)pdf

2.開催概要
(1)イベント名:Park(ing)Day in 竹原駅前あいふる通り
(2)開催日時 令和2年9月18日(金)~20日(日)10:00~21:00(20日のみ17:00まで)
(3)開催場所 竹原駅前あいふる通り
(4)主催 竹原市
(5)協力 一般社団法人ソトノバ

3 企画内容
 シャッターを活用した写真やマップの展示,人工芝を活用した子ども達が遊べる場,竹灯りによる幻想的な雰囲気,沿道店舗の協力による飲食のテイクアウトなど,来訪者にとって居心地の良い空間を創出します。

Park(ing)Day in 竹原駅前あいふる通りの概要について (1,043kbyte)pdf (1,051kbyte)pdf ~NeW~

4 関連ホームページ
 一般社団法人ソトノバ 路上駐車スペースを小さな公園に。Park(ing)Day2020を全国6都市で開催!
 ホームページ https://sotonoba.place/parkingday2020release


竹原駅前エリアまちづくり通信

 (仮)竹原駅前エリアウォーカブルビジョンの策定や駅前エリアでの社会実験など、駅前エリアが来訪者にとって居心地が良く、歩きたくなるを空間を創出するため、公民連携の取組について掲載しています。

 竹原駅前エリアまちづくり通信  創刊号 (2,048kbyte)pdf  令和2年7月発行
  山口大学 宋准教授と景観づくりメンバーによる勉強会の様子を掲載しています。

 竹原駅前エリアまちづくり通信  第2号 (546kbyte)pdf  令和2年9月発行 ~New~
  9月18日(金)~20日(日)に竹原駅前エリアで開催するPark(ing)Day in 竹原駅前あいふる通り(社会実験)の概要について掲載しています。


 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.