本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中の災害情報から【7月豪雨】広島県豪雨災害義援金の配分について
ここから本文

 平成30年7月広島県豪雨災害義援金を配分します
 平成30年7月豪雨災害により住家が全壊・流失・半壊・大規模半壊・床上浸水した世帯及び亡くなられた方のご遺族や1か月以上の治療を要した重症者の方に対して、義援金を配分します。 


 支給対象住居のために使用している住家が被災した世帯

1 対象となる被災内容

全壊・流失・半壊・大規模半壊・床上浸水

※り災証明書の内容が「半壊に至らない(床上浸水)」の場合は、広島県災害見舞金の対象にはなりませんが、義援金の対象になります。ご注意ください。
※住家とは、現実に居住のために使用している建物をいいます。居住実態のない場合は、対象外です。

2 支給額

1世帯あたり5万円


 災害で死亡された方のご遺族

支給額

死亡された方1人につき5万円
※ご遺族の代表者へ支給します。

 
 災害で1か月以上の治療を要した重症者の方

支給額

重症者の方1人につき5万円


 申請方法

1 すでに災害弔慰金・広島県災害見舞金を申請された場合

竹原市・広島県に届け出ていただいた口座へ入金します。
※重症者の方がいる場合は、再度、手続が必要です。

2 これから災害弔慰金・広島県災害見舞金を申請される場合
  または,災害義援金のみを申請される場合


申請先
 竹原市役所社会福祉課(竹原市中央四丁目7番11号 竹原福祉会館内)
 ※当分の間、竹原市役所1階の臨時窓口で受け付けています。

提出書類と必要なもの
り災証明書
②口座振替依頼書(受付の際に窓口でお渡しします)
③預金通帳(口座名義が、り災証明書の発行を受けた世帯主の方のもの)
 ※預金通帳が無い場合は、キャッシュカードでも可能です。
④印鑑(認印)
※死亡された方がいる場合、死亡された方とご遺族の関係を証する戸籍が必要です。
※重傷者の方がいる場合、①から④までの書類などのほか、医師の療養見込み期間を記載した診断書による診断書・治癒証明書等の書類が必要です。


 お問い合わせ

 社会福祉課福祉総務係 (0846-22-7742)
 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.