本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中の教育委員会情報から教育長からのメッセージ
ここから本文

教育長からのメッセージ


 
竹原市教育委員会教育長

竹原市教育委員会
教育長 高田 英弘
 
 竹原市では,第6次竹原市総合計画(令和元年度~令和10年度)において,「『生まれて良かった,住んで良かった,帰ってきたい,住んでみたい』と思える元気な竹原市の実現」を基本理念として,10年後の都市像を「元気と笑顔が織り成す 暮らし誇らし,竹原市。」と設定しています。
 教育委員会では,この総合計画を構成する4つの将来像のうち,「“文教のまちたけはら”の精神を受け継ぎ,地域を支え,世界中で活躍する人々を輩出するまち」,「自然・歴史・文化に育まれ,人々に守られ磨かれた資源が人々を魅了する賑わいのあるまち」を目指すため,竹原市教育大綱で,「故郷を大切にし,未来を拓く人づくり」を基本理念として設定し,各分野での取組を進めているところです。

 各分野での10年後の目指す姿である取組の方向性は次のとおりです。 
 【学校教育】
 〇 夢を持ち,多様な人々と協働し,社会を主体的に生き抜くことができる人材を育成している。
 【生涯学習】
 〇 多彩な生涯学習の場が充実し,それらを担い,推進していく人材が育っている。
 〇 教育上特別な配慮を必要とする児童生徒等への適切な支援をはじめ,乳幼児から青少年まで健全に成長できる環境が充実している。
 【歴史・文化】
 〇 歴史と文化財が保存・継承され,地域の活性化に生かされている。

 また,今年度からは,4校がコミュニティ・スクールとなり,残り8校は今年度の準備期間を経て,令和3年度からコミュニティ・スクールとなります。このことにより,市内全域においてコミュニティ・スクールの制度を生かして,地域全体で竹原市の子供たちを育成していく環境を整えていきます。地域の皆さんが,地域の学校の運営や子供の育成に参画することにより,地域に対するより一層の愛着や誇りを持たれることにつながり,地域のために行動しようとするシビックプライドが醸成され地域の活性化が図られていくことも期待をするところです。
 そして,学校を中心として子供たちの学びに多くの人が集い関わるようになることを目指し,その地域全体にお互いが学びあう雰囲気が醸成されていくことも期待しているところです。

 市民の皆様には御理解と御協力をよろしくお願いいたします。


令和2年4




  問合せ先

〒725‐8666
竹原市中央五丁目1番35号
竹原市教育委員会 総務学事課 教育総務係 
電話:0846‐22‐2329 
メール:s-gakuji@city.takehara.lg.jp       




 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.