本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中の国民年金から死亡一時金を受けるには
ここから本文

死亡一時金を受けるには

支給条件
死亡一時金は、次の条件をすべて満たす死亡した方の遺族に支給されます。
  • 死亡した方が、国民年金第1号被保険者・任意加入被保険者の期間に、保険料納付済み期間が3年以上あるとき。
  • 死亡した方が、老齢基礎年金を受けていないとき。
  • 死亡した方が、障害基礎年金を受けていないとき。
  • 妻である配偶者や子が、遺族基礎年金を受けることができないとき。
  • 妻である配偶者が、寡婦年金を受けることができないとき。
    (寡婦年金をうけることができるときは選択になります)
   ※死亡一時金を受ける権利は2年間で時効となります


受け取れる遺族
死亡した方と生計を同じくしていた配偶者・子・父母・孫・祖父母・兄弟姉妹の順です。


年金額
保険料納付済み期間に応じて次の金額になります。
  • 4分の1免除期間の月数は3/4、半額免除期間の月数は1/2、4分の3免除期間の月数は1/4として、保険料納付済み期間に合算されます。
  • 付加保険料を3年以上納めていた場合は、8,500円が加算されます。

  • 3年以上15年未満:120,000円
  • 15年以上20年未満:145,000円
  • 20年以上25年未満:170,000円
  • 25年以上30年未満:220,000円
  • 30年以上35年未満:270,000円
  • 35年以上:320,000円


請求に必要な書類
  • 死亡一時金請求書
  • 年金手帳
  • 印鑑
  • 除籍謄本
  • 戸籍抄本(除籍に請求者の記載がない場合)
  • 住民票(請求者)
  • 住民票除票
  • 預金通帳(請求者)

 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.