本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中の国民年金から遺族基礎年金を受けるには
ここから本文

遺族基礎年金を受けるには

遺族基礎年金は、国民年金の加入者が死亡した場合、その方によって生計を維持されていた18歳に達する日の属する年度末までの間にある子(障害者は20歳未満)がいる配偶者※、または18歳に達する日の属する年度末までの間にある子(障害者は20歳未満)に支給されます。

年金が受けられる要件
次の1~4のいずれかに該当する方が死亡したときに、生計を維持されていた「子のある配偶者※」または「子」に支給されます。
※平成26年3月31日以前に亡くなった場合は「子のある妻」です。

  1. 国民年金の被保険者であること。
  2. 国民年金の被保険者であった方で、日本国内に住所を有し、60歳以上65歳未満であること。
  3. 老齢基礎年金の受給権者であること。
  4. 老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていること。ただし、1、2の場合、保険料の納付要件があります。

保険料の納付要件
  • 死亡日の前々月までに保険料を納めた期間(免除期間・若年者納付猶予期間・学生納付特例期間を含む)が、加入期間の2/3以上あること。
  • 死亡日が令和8年3月31日以前にあるときは、死亡日の属する月の前々月までの直近の1年間に、保険料の未納期間がないこと

年金額 (令和元年度の額)
 
 年額:780,100
 子の加算額を加えると次の通りです。

子がいる配偶者が受けるとき 

  ・子が1人のとき 
   加算額:  224,500円
   合 計:1,004,600円(年額)

  ・子が2人のとき
   加算額:  449,000円
   合 計:1,229,100円(年額)

  ・子が3人のとき
   加算額:  523,800円
   合 計:1,303,900円(年額)

 子が受けるとき

  ・子が1人のとき
   加算額:  なし
   合 計:    780,100円(年額)

  ・子が2人のとき
   加算額:    224,500円
   合 計:1,004,600円(年額)

 ・子が3人のとき
   加算額:    299,300円
   合 計:1,079,400円(年額)
 
3人め以降は1人につき74,800円が加算
  
支給停止

次の場合に支給停止されます。
  • 死亡した方について、労働基準法の規定による遺族補償が行なわれるときは、死亡日から6年間支給停止されます。
  • 死亡した方について、労災保険の遺族(補償)年金を受けることができるときは、遺族基礎年金は全額支給され、労災保険で支給の調整が行われます。

請求・相談  

  • 国民年金第1号期間中に死亡した場合は、年金事務所・竹原市役所です。
  • 国民年金第3号期間中に死亡した場合は、年金事務所です。
  • 厚生年金加入中に死亡した場合は、年金事務所です。(遺族厚生年金)
  • 共済組合加入中に死亡した場合は、各共済組合です。(遺族共済年金)
 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.