本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中の国民健康保険から特定疾病について
ここから本文

特定の疾病で長期の治療を行うときは

 厚生労働大臣が指定する特定疾病の人は、「特定疾病療養受療証」を病院などの窓口に提示すれば、自己負担は1か月10,000円までとなります。
 また、慢性腎不全で人工透析を要する70歳未満の上位所得者については、自己負担限度額は2万円までとなります(上位所得者とは、国民健康保険税の算定基礎となる基礎控除後の総所得金額などが600万円を超える世帯)。

   ●厚生労働大臣が指定する特定疾病
      ・人工腎臓を実施している慢性腎不全
      ・先天性血液凝固因子障害の一部
      ・血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症

申請に必要なもの
 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.