本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中のごみから資源ごみ等の持ち去り禁止
ここから本文

家庭から排出された資源ごみ等の持ち去り禁止について

 「資源ごみ等の持ち去り」は条例により禁止されています

  本市では、近年、家庭から排出された新聞紙や雑誌などの資源ごみが持ち去られる事案が発生しており、回収量の減少により売却益が減少している状況にあることから、平成22年4月1日より「竹原市廃棄物の処理及び清掃に関する条例」を改正し、資源ごみ等の持ち去り行為を禁止しました。


 条例改正の内容

(1) 市及び市長が指定する者以外の者は、一般廃棄物処理計画に従って排出された再生資源(家庭系一般廃棄物のうち、市が再生利用を目的として分別して収集するものをいう。)を収集し、又は運搬してはならないこととします。
(2) 市長は、(1)の規定に違反した者に対して、その行為の中止を命ずることができることとします。

※再生資源とは、市が収集するビン・カン・金属・陶磁器・小型の家電類・ペットボトル・新聞・雑誌・ダンボール・布類等のことをいいます。


 持ち去り行為を発見した場合は、次の内容について、分かる範囲でご連絡ください。

 日時
 ゴミステーションの場所
 持ち去った品目
 車両の特徴(ナンバー、車種、車色等)
 資源ごみ等を持ち去った者の特徴(年齢、服装等)

 ※持ち去り行為者に過度に接触したり、車両を制止したりすることは、危険を伴いますので、しないでください。

 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.