本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中のごみから家庭用パソコンを捨てるときは
ここから本文

家庭用パソコンを捨てるときは


パソコンが家庭で不要になったら、メーカー等に回収を申し込んでください。
市の処分場へは搬入できません。



  家庭用パソコンのリサイクルについて

 平成15年10月1日から、「資源有効利用促進法」に基づきパソコンのリサイクルが行われています。
 パソコンは、様々な有用部品で構成されていて、きちんとリサイクルすれば鉄、銅、アルミニウム、ガラス等はもちろん、金、銀、コバルト等の希少金属を資源として再利用できます。



  対象となるパソコン

デスクトップ本体ディスプレイノートブックパソコン
デスクトップ本体
ディスプレイ
ノートブックパソコン



  回収・リサイクルの申し込み

順番回収の流れ
不要になったパソコンの製造メーカー等に直接、電話、インターネットで回収の申し込みをします。
※自己輸入したパソコンや、自分で組み立てたパソコンなどの処分については、一般社団法人パソコンリサイクル推進協会へ相談してください。
回収・リサイクル料金がかかる場合は、メーカー等から、リサイクル料金の納付書が送付されます。
※料金がかからない場合は、「ゆうパック」の伝票のみが送付されます。
料金を払い込んだ後、「ゆうパック」の伝票が送付されます。
伝票に必要事項を記入し、郵便局に持ち込むか、戸口回収を申し込みます。
郵便局に集まったパソコンは、メーカーの再資源化センター等に配送され、部品の再利用、または材料として再資源化されます。



  回収・リサイクル料金

 回収・リサイクル料金はメーカーによって異なります。 



  パソコンリサイクルの受付窓口

 パソコンリサイクルの受付窓口については、各メーカー、一般社団法人パソコン3R推進協会のホームページ、または市の担当課にお問い合わせください。

 一般社団法人パソコン3R推進協会

 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.