本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中の商工業から竹原市まちなか賑わい創業支援事業助成金交付制度
ここから本文
 竹原市まちなか賑わい創業支援事業助成金

まちなかにある空き店舗等を改修する費用の一部を助成します!
  
【令和2年4月15日追記】
 忠海エリアの空き家も助成対象としました。(助成内容、主な条件、交付要綱等の内容を変更しています。)



 目的
この事業は、創業を目的にまちなかにある空き店舗等を改修する方を対象に、その費用の一部を助成することで魅力ある店舗を増やし、まちなかのイメージアップや賑わいづくりにつなげていくことを目的としております。

 助成対象者
対象エリア内(忠海駅前並びに竹原駅前から町並み保存地区を結ぶルート沿い)に位置する空き店舗等を活用し、まちなかの賑わいに大きく寄与する小売業、飲食業、宿泊業、サービス業、インターネット附随サービス業、映像・音声・文字情報制作業、学術・開発研究機関、広告業、デザイン業、コールセンター業を行う中小企業者、商店街団体又は創業者
※映像・音声・文字情報制作業、広告業及びデザイン業については、専ら情報通信の技術を利用する方法により行う事業に限る。


 助成内容
助成率:1/2以内
助成金額の上限:100万円
対象物件:空き店舗等(大型商業施設内のテナント型店舗及び合計面積がおおむね500平方メートルを超える店舗を除く。)
       ※町並み保存地区エリア及び忠海エリアは空き家も対象
対象経費:内装工事、外装工事等(カーテンや固定しない照明等の備品購入費は除く)


 主な条件
(1)納期の到来している市税等に滞納がないこと。
(2)事業年度の3月15日までに改修工事を終了し、終了後の翌月から3ヶ月以内に営業を行うこと。
(3)継続して5年以上営業すること。
(4)営業時間が午後4時以降のみ又は週4日に満たない場合は、助成の対象外とする。
(5)町並み保存地区エリア及び忠海エリアの空き家を用いた改修の場合は、住居スペース部分は助成の対象外とする。
(6)対象エリア内の移転でないこと。
(7)交付決定以前に工事等に着手していないこと。



 予算
300万円

 審査方法
書類審査(事業計画及び開業計画について)

 応募方法
申請時に必要な書類をそろえ、次の募集期間中に直接提出してください(郵送は不可)。その際に、申請書の内容についてお尋ねすることがありますので、申請内容を説明できる方がお越しください。
募集期間令和2年4月1日(水)~令和3年2月26日(金)
予算額に達した時点で募集を締め切ります。
8時30分~17時15分(土・日曜日、祝日は除きます)
提出場所竹原市役所本庁1階 産業振興課窓口
※郵送・FAX・メールでの提出はできません。上記窓口まで直接お越しください。
提出書類doc まちなか賑わい創業支援事業助成金交付申請書(様式第1号) (15kbyte)
doc 事業計画書(様式第2号) (16kbyte)
doc 事業収支予算書(様式第3号) (15kbyte)
doc 開業計画書(様式第4号) (24kbyte)
doc 暴力団排除に関する誓約書(様式第5号) (15kbyte)
doc 同意書(様式第6号) (15kbyte)
doc まちなか賑わい創業支援事業助成金事業変更等承認申請書(様式第9号) (15kbyte)
doc まちなか賑わい創業支援事業実績報告書(様式第11号) (15kbyte)
doc 事業報告書(様式第12号) (17kbyte)
doc 収支決算書(様式第13号) (15kbyte)
doc まちなか賑わい創業支援事業助成金交付請求書(様式第15号) (15kbyte)
 その他要綱に定めるもの

※提出書類は返却しませんので、必要な場合はコピーを取るなどした後、提出してください。

 交付要綱・申請書等様式
 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.