本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中の農林水産から農地中間管理事業について
ここから本文

農地中間管理事業について

 農地中間管理事業について
 農地中間管理事業とは,平成26年度からはじまった,農地中間管理機構を利用する農地の貸し借りの新しい仕組みです。

 農地の貸付希望者が農地中間管理機構へ貸付を行い,別に募集した借受希望者へ農地中間管理機構が農地を貸付する仕組みとなっています。

 詳細はこちら → 借受希望者(受け手)募集パンフレット 貸出希望者(出し手)募集パンフレット

 *農地中間管理機構は,申し込まれたすべての農地を借受するわけではありません。耕作放棄地等,農用地等として利用が困難な農地等は借受できない場合があります。


お問い合わせ先・農用地等の借受希望者募集受付先
 一般財団法人広島県森林整備・農業振興財団(広島県農地中間管理機構) TEL:082-541-6192 HP:http://hsnz.jp/
 

農用地等の貸付希望先
 市役所窓口に,備え付けの申込書にて市役所へ申込書を提出してください。随時,申込みを受けております。
 農地の固定資産税課税強化と軽減措置について
 農地中間管理機構に農地を貸すことにより農地の固定資産税の軽減措置を受けれる場合があります。
 また,遊休農地(現に耕作の目的に供されておらず、かつ、引き続き耕作の目的に供されないと見込まれる農地又はその農業上の利用の程度がその周辺の地域における農地の利用の程度に比し著しく劣つていると認められる農地)として農業委員会が判断した農地について意向調査等の手続きの後に,状態によっては固定資産税の課税強化措置をとる場合があります。

 概要はこちら→課税軽減等について

 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.