本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中の農林水産から有害鳥獣被害防除施設設置事業(柵わな補助金)
ここから本文

有害鳥獣被害防除施設設置補助金(柵・箱わな)
   農林作物等をイノシシやシカなどの被害から守るため、柵やわなの防除施設を設置した方へ補助金を交付します。
 
 補助金対象者
竹原市内で農業に従事する者であって、竹原市内に防除施設を設置した者

 補助金対象施設等

施設名対象経費
(防除施設を設置する経費の
うち,資材費に相当する経費)
補助額
箱わな全面とも金網や板などで囲われた箱状のわな経費の1/2以内(※)
または,50,000円のいずれか低い額
電気柵本体(電源部を含む),電線,支柱,ガイシ


経費の1/2以内(※)
または,15,000円のいずれか低い額


トタン柵亜鉛波板,支柱,結束線
ネット柵ワイヤーメッシュ,支柱,結束線

(※)補助金は,1,000円未満は切り捨て交付します。

  申請様式

 交付申請書・実績報告書・補助金請求書【両面印刷】pdf

 様式記入例pdf


  申請に必要なもの・添付書類
   印鑑・振込先が分かるもの(通帳など)

  ・交付申請書:事業計画書,位置図,仕様が確認できる書類(見積書やパンフレット)(箱わなのみ)
  ・実績報告書:事業実績書,領収書(内訳がわかるもの)




  注意事項
  1. 設置する場合は、あらかじめ市の承認が必要です。   
  2. 交付の対象となるのは、販売店などで購入した新品に限ります(中古品では、補助金は交付されません)。   


 
有害鳥獣の捕獲について
  箱わなによる有害鳥獣の捕獲(狩猟期間中の狩猟を除く)には,有害鳥獣の捕獲許可が必要です。
  箱わなによる有害鳥獣の捕獲捕獲許可を受けるには,わな狩猟免許が必要となります。
 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.