本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中の農林水産から農林水産メニュー
ここから本文
農林水産

 農業振興

 農業経営関連情報について

 ○農業者のみなさまへの連絡事項(国や県・県指導所等からの農作物栽培上の注意事項,病害虫の発生予察情報予報等について掲載しています。)

 ○新規就農者むけ研修制度等について

 広島県立農業技術大学校
 広島県立農業技術大学校は,2年制の専修学校で,農業・農村の担い手育成を目標に,農業の実践的な教育により,専門的な知識・技術及び経営管理能力を養成しています。
 令和4年度(2022年度)受験案内

 広島市農業振興センター
 広島市農林水産振興センターは,竹原市在住者又は広島市在住者であって竹原市内に農地をもち帰農される方については次の研修を開催しています。
  
「ふるさと帰農者」支援研修
 
農家出身(農地を所有)で,農家として生産販売を行う方を対象に,1年間(週2日)野菜や花の基礎的な栽培方法の習得を目的とした研修です。
 詳しくは,こちらをご覧ください。

“チャレンジ”女性農業者育成研修
 
農家の女性で農家として生産販売を行う方を対象に,1年間(週2日)野菜や花の基礎的な栽培方法の習得を目的とした研修です。
 詳しくは,こちらをご覧ください。

 農業の有する多面的機能発揮の促進に関する計画について
 平成27年4月1日に施行された「農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する法律」に基づき、「竹原市農業の有する多面的機能発揮の促進に関する計画」を作成しましたので公表します。
○竹原市農業の有する多面的機能発揮の促進に関する計画
○竹原市農業の有する多面的機能発揮の促進に関する計画(令和2年変更)pdf
○日本型直接支払交付金事業推進区域図 (中山間地域等直接支払交付金対象農用地

○多面的機能発揮促進事業に関する計画の概要
  H27.6.30認定概要
  H27.9.30認定概要
  H27.12.11変更認定概要
  H28.9.27変更認定概要
  H29.4.3変更認定概要
  H29.7.31変更認定概要
  H30.7.31変更認定概要
  H30.9.30変更認定概要
  R1.7.31変更認定概要

 山村振興について
竹原市では次のとおり山村振興に関する計画を策定しています。
○ 竹原市山村振興計画書
○ 竹原市産業振興施策促進事項

● 山村活性化支援交付金事業実施評価の公表について(田万里「有機あぶらの里」プロジェクト協議会の取組内容を公表しています。)
  R1事業実施評価 R2事業実施評価

 地域おこし協力隊の募集について

 定住等及び地域間交流の促進による農山漁村の活性化に関する計画
 農山漁村の活性化のための定住等及び地域間交流の促進に関する法律(平成19年法律第48号)に基づき,活性化計画を次のとおり策定しましたので,公表します。
上田万里地区活性化計画について
中田万里地区活性化計画について

 竹原市公共建築物等木材利用促進方針を策定しました

 ため池情報の周知について

 地域再生計画(地方創生港整備推進交付金)中間評価調書


 農地の転用・利用権設定

 竹原市農業委員会について
 農業委員会では農地の売買,貸借,転用など農地法による申請の受付・審査,農地についての各種証明書の交付,・農地台帳の整備と管理等を行っています。 

 農地中間管理事業について


 人・農地プラン

 人・農地プランの実質化について
 人と農地の問題を解決するために,竹原市では各地域にて人・農地プランの実質化に取組んでいます。
 作成済みのプランは次のとおりです。
 
〇 上田万里地区
 〇 中田万里地区
 〇 下田万里地区
 〇 小梨北地区
 〇 小梨南地区
 〇 十八原地区
 〇 中須地区
 〇 皆実町,明神地区

 人・農地プランの実質化に向けた工程表について
「人・農地プランの具体的な進め方について(令和元年6月26日付け元経営第494号経営局長通知)の5の(1)の⑤」に基づき,工程表を次のとおり策定しましたので,公表します。
工程表


 6次産業化

 「竹原市6次産業化地産地消推進計画」を策定しました

 竹原市6次産業化地産地消推進協議会について
 
竹原市内の農林水産物の6次産業化の推進並びに地産地消を推進することによって,農林水産物の需要拡大や生産加工体制を構築することで農山漁村の所得向上をめざすため,協議会を設置しています。
 協議会は年会費制としますが,費用の発生する事業では一部負担を求める予定で調整しています。
 協議会の運営は,品目や過程(一次二次三次)ごとに状況がことなるため,企画部会を設置し,品目やイベント等のプロジェクトにて活動を行っています。
 会員は登録の際にそれぞれ担うことのできる活動,役割を提出していただき,これをもとに関連するプロジェクトに参加いただく予定です。
 協議会ではフードフェスティバルなどのイベント参加やフェアなどへの出展の他,農林水産物について生産者・加工事業者・小売事業者・飲食店で地産地消をすすめるための体勢の構築等をすすめていきます。 
 
上記の目的のために活動できる,役割を担うことのできる生産者,加工事業者,流通事業者,小売事業者,飲食店等を募集しています。
  ○
竹原市6次産業化地産地消推進協議会会員登録票

 農水産ガイドマップについて
 近隣4市3町で連携し,農水産物や関連加工品,道の駅,農家レストランなどの情報をまとめた農水産ガイドマップを作成しました。
 農水産ガイドマップはダウンロードすることができます。 


 鳥獣被害対策

 ○鳥獣被害対策を勉強しよう!

○竹原市鳥獣被害防止計画(計画期間:令和元年度~令和3年度)

○鳥獣被害防止総合対策交付金の事業評価報告
 鳥獣被害防止計画(計画期間:平成28年度~平成30年度)の目標達成状況を公表しています。

○有害鳥獣被害防除施設設置補助金
 農林作物等をイノシシやシカによる被害から守るため,電気柵などの防除施設を設置した方へ補助金を支給します。

電気柵について
 平成27年7月19日,静岡県において電気柵との接触による死亡事故が発生しました。事故発生防止のため,設置されている電気柵にむやみに近づかず接触しないようにしましょう。また,電気柵の利用については適正な管理をお願いいたします。

○鳥獣被害防止総合対策交付金(整備事業)の公募
  国の事業を活用した鳥獣の侵入防止柵の次年度における設置・取組地域を募集します。(募集期間8月~9月)


 畜産関連情報

家畜伝染病等に関する情報について
 高病原性鳥インフルエンザの発生が国内各地で見られます。鶏舎の衛生管理の徹底に努め,予防しましょう。

蜜蜂飼育届の提出について
 平成25年の改正養蜂振興法の施行により,趣味であっても蜜蜂を飼育する場合は,「蜜蜂飼育届」の提出が義務付けれました。
 毎年1月末までに県へ届出の提出をお願いします。ただし,園芸作物の花粉交配用に飼育する場合等届出が不要な場合もあります。
 詳細は県畜産課(☎082-513-3604)または広島県西部畜産事務所(☎082-423-2441)へご相談ください。

家畜の飼養衛生管理基準の報告をお願いします。
 家畜伝染病予防法が改正され,畜産業に限らず,家畜を飼育している方は,毎年,2月1日時点の飼育している家畜の頭羽数,衛生管理状況について都道府県への報告が義務付けられています。
 牛,水牛,鹿,馬,羊,山羊,豚,いのしし 毎年4月15日までに報告
 鶏,その他の家きん              毎年6月15日までに報告
 詳細は,県HPに掲載されています。→
飼養衛生管理基準定期報告について
 お問い合わせは広島県西部畜産事務所・広島県西部家畜保健衛生所(東広島市西条御条町1-15(☎082-423-2441)へお願いします。

 
 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.