本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のたけはら美術館から美術体験講座を終えて(平成30年度)
ここから本文
平成30年度 美術体験講座を終えて

 美術体験講座「陶芸 来年の干支(亥)を作ろう!」を平成30年12月1日(土)に開催しました。
 講師は、高尾とよ子)先生(竹原市美術協会 工芸部)をお迎えし、先生が用意してくださった備前の粘土でそれぞれイノシシを制作しました。



(1)
最初に先生が手順を説明してくださいます。
親イノシシとウリ坊の2つを作っていきます。

(2)
イノシシ作り開始です。
大小2つに切り分けます。
大きい粘土で親イノシシを作ります。
まず粘土を胴・鼻・目・耳・足・しっぽのパーツごとに切り分けます。
(3)
胴体部分は中が空洞になるように接着します。



 



(4)
胴体に耳や鼻を接着して、形を整えていきます。



(5)
キリや竹串で毛並みの模様をつけていきます。



(6)
ウリ坊の胴体部分は空洞にはせず形を作ります。
親イノシシと同じ手順で作ります。







見本
(7)イノシシの親子が完成です。


(8)
いろいろなイノシシの親子ができました。

(9)
後日、先生が焼成してくださいます。
乾かして、焼くと見本のようなイノシシの親子が出来上がります。
完成が楽しみです。



 
 
11)ワラを使って焼成したイノシシです。
   赤茶色に変化してよりイノシシらしくなりました。  


■日   時:平成30年12月1日(土)
        10時~12時
■参加人数:17人

ご参加ありがとうございました。
今後も美術体験講座を開催いたしますので、
よろしくお願いいたします。



 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.