本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中のスポーツ・文化・生涯学習の中の文化財から田万里八幡神社当屋祭
ここから本文

田万里(たまり)八幡神社(はちまんじんじゃ)当屋祭(とうやさい)  オハケ神事(しんじ)

 市重要文化財
  (無形民俗文化財)

  • 保持者 田万里八幡神社総代会 
  • 所在地 田万里八幡神社(竹原市田万里町1222番地) 
  • 指定      平成25年10月24日


 田万里八幡神社当屋祭は、毎年9月に行われ、起源は室町時代にまで遡るといわれています。当屋祭は当屋に神を招くための祭祀のことで、市の北部、田万里地域にある9つの組を地区によって「上組」、「下組」に分け、上下それぞれの組で幼児がいる家が1家ずつ当屋(当番の家となり、祭祀を執り行います。
 祭の当日は、午前に下組の当屋、午後には上組の当屋でそれぞれ当屋祭を行い、当屋に神を招きます。当屋祭には当屋組(当屋を出した組)の人々が集まり、オハケへの降神の儀や玉串奉奠(たまぐしほうてん)などの祭祀が行われます。


《田万里八幡神社当屋祭の特徴》

 【オハケ神事】
  オハケは、当屋の入口や庭先に新子竹(その年に生えた竹)や(わら)等で作られ、高さ約3mにもなります。オハケは当屋が神宿であることを示すための印であり、田万里八幡神社の方向へ向けて、下組では西向きに、上組では東向きにそれぞれ立てます。神の降りたオハケは、当屋祭から2日後に行われる例大祭までの間、当屋に立てられます。例大祭では献饌(けんせん)の儀を行い、社会安寧(あんねい)、五穀豊穣(ほうじょう)、氏子繁栄を祈願します。
 オハケ神事は、かつて県内の神社で広く行われていましたが、現在では田万里八幡神社を始め、ごく少数の神社にしか伝わっていません。

 《当屋児(とうやご)
  オハケ神事と並ぶ田万里八幡神社当屋祭のもう1つの特徴は、当屋児が祭に参加する点です。当屋児は2~3歳の乳幼児であり、当 屋祭及び例大祭において、(かみしも)姿で玉串奉奠や献饌を行います。


 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.