本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中のスポーツ・文化・生涯学習の中の文化財から能島村上氏の遺蹟
ここから本文

能島村上氏の遺跡

 市史跡

・所在地 竹原町124ほか
・指 定  平成4年12月24日

鎮海山城跡・村上元吉宝篋印塔及び戦死者五輪塔

 芸予諸島の要地、来島・能島・因島を拠点とした三島村上氏の中で最大勢力の能島村上氏は、天正13年(1585)秀吉の四国平定後の領地替えにより能島水軍城(愛媛県越智郡宮窪町)から小早川隆景の領地・竹原に移り、鎮海山城を本拠としました。 

 標高約90mの最高所を本丸として数段の郭と1ヶ所井戸跡があります。城跡の麓には、村上元吉の宝篋印塔と五輪塔10数基があります。 

 毛利氏の防長移封にともない、村上武吉は元武(元吉の子)景親(元吉の弟)、能島一族と共に周防屋代島に移りました。 


 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.