本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中のスポーツ・文化・生涯学習の中の文化財から森川邸
ここから本文

森川家住宅

 市重要文化財

  • 所有者 竹原市 
  • 所在地 中央三丁目16番33号
  • 指定   平成16年7月21日 

 元竹原町長(大正13年〜昭和11年)森川八郎宅。

 大正初期に造成した敷地に、石垣及び土塀をめぐらせ、主屋・風呂場及び便所・離れ座敷・茶室・隠居部屋・土蔵・表門・脇門の八棟の建物を配している。

 主屋は、江戸末期から明治初期の町家を移建改築したもので、玄関・座敷及び台所を同時に増築したものである。離れ座敷は、やや遅れて新築された。

 茶室は、不二庵の作で、当初は竹原の地蔵町野島家に建てられたが、大正頃に森川家に移建されている。

 また、座敷に面して庭園が設けられている。森川家住宅は、大正期の豪邸の典型例であって、質の高い和風住宅である。特に、座敷・離れ・表門に使用されている材木は吟味されたものであり、意匠的にも優れ、大工技術も高いものである。

 また、この住宅で特に評価されるのは、後世の改造が少なく、大正期の姿をよく保っているおり、主屋や離れ座敷だけではなく、風呂場や便所などの付属屋までもが完存することである。


 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.