本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中のスポーツ・文化・生涯学習の中の文化財から駕籠
ここから本文

駕篭(かご) 

 市重要文化財

  • 所有者 勝運寺 
  • 所在地 忠海町4291 
  • 指定 昭和46年12月27日
駕籠

 翫月山勝運寺(曹洞宗=禅宗)は、浦宗勝公の菩提寺として、元亀元年2月(1570)に起工、天正9年10月(1581)に完成し、寺領300貫を寄進し、手厚く保護されていました。勝運寺御開山のおり、以天圭穆大和尚が山口鳴滝月光山泰運寺より乗ってこられた駕篭といわれ、高さ112cm、幅80cm、長さ97cm、漆塗りの立派なものです。

浦宗勝公 
 兵部丞と称し、初め萬菊丸、又は新四郎、父は賢勝。高祖浦氏実は沼田小早川宣平の七男で、浦氏を創始し、忠海賀儀城に拠り浦郷を治めました。宗勝は小早川隆景の水軍の将として、村上水軍を率い厳島合戦や、山口の戦、秀吉の四国攻め、九州攻め、或いは文禄の役などに出陣し、手柄を立てましたが、朝鮮出兵中病気となり築前に帰り養生をしましたが、遂に天正20年(1592)66才で没しました。一寺を建て(宗勝寺)遺髪は勝運寺に葬り、菩提を弔いました。

 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.