本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中のスポーツ・文化・生涯学習の中の文化財から復古館
ここから本文

復古館賴家住宅(ふっこかんらいけじゅうたく)

>>国重要文化財


  • 所有者 個人
  • 所在地 本町三丁目7-26
  • 指  定 昭和63年12月19日


 春風館の西側に隣接する建物で、春風の孫、三郎が安政6年(1859)に分家する際に建てられました。

 三郎は春風の養子である小園(しょうえん)の三男にあたり、小園以来、「兼屋(かねや)」を屋号としていました。

 復古館の主屋の建物は、春風館と同じく、茶人「不二庵(ふじあん)」の設計によるものと伝えられています。

 大小路の通りに面した店棟は明治16年(1883の建築で、店の間には「蔀帳(ぶちょう)」がそのまま残されています。店棟から主屋棟への空間が坪庭となり、その二棟をを玄関の間がつないでいます。主屋の座敷より縁側で囲まれた庭の北側に揚げ縁でつながれた茶室(祠堂=明治37年建築)があります。 

 春風館が竹原賴家の文化面を担当したのに対し、復古館は塩田経営や酒造業などの経済面を担当しており、敷地内には幕末から明治にかけて酒造業を営んでいた頃の臼場・米蔵・室蔵・新座敷(現光本邸)が配されています。 


 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.