本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中のスポーツ・文化・生涯学習の中の文化財から銅鐘
ここから本文

銅鐘(高麗鐘) 
名称銅鐘(高麗鐘)
よみがなどうしょう(こまのかね)
指定国重要文化財
指定年月日明治43年4月20日
所在地本町三丁目13-1 照蓮寺境内

高麗鐘は朝鮮半島で製作された鐘の中でも,高麗時代(918~1392)に作られたものをさします。
 
鐘を所蔵している照蓮寺は,中世には定林院という禅寺であり、小早川氏の学問所であったと伝えられています。高麗鐘はそのころから伝わるもので,鐘に陽刻(浮き彫り)された銘文から,峻豊4年(963)に製造されたものと判明しています。これは,国内の高麗鐘の中でも最古級のものです。

日本で製作された鐘と朝鮮鐘にはいくつかの違いがあります。その1つが鐘のつり手で,日本の鐘は二頭の龍からなっていますが,朝鮮鐘はつり手の龍が一頭となっているほか,「旗挿」と呼ばれる煙突状の管が取り付けられています。また,日本の鐘は胴の部分に帯状の「袈裟襷」と呼ばれる文様が巡りますが,朝鮮鐘には袈裟襷がなく,主として天人の浮き彫りが施されます。

照蓮寺のものは,高麗鐘としては珍しく銘文が陽刻されており,それによれば,現代の全羅南道霊岩郡西院にあったもののようです。

最大高68.3cm(旗挿高12cm),口径40cm,口縁部の厚さ3cm


 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.