日頃からの備えについて

更新日:2022年08月26日

ページID : 5880

災害や自宅療養に備えて自分で準備しておきましょう

災害や新型コロナウイルス感染症の感染による、自宅療養や自宅待機になった時に困らないように事前に食料品や日用品を備蓄しておきましょう

備蓄の例

食品備蓄の例として、水分補給ができるもの、体調がすぐれない時でも食べやすいもの、調理が不要で簡単に食べられるものなどをあげています
日用品の備蓄例として市販薬やマスク、トイレットペーパーなどをあげています。

普段使用している食料品・日用品を少し多めに備える「日常備蓄」を実践しましょう。

1~2週間分を目安に備えておきましょう。

災害時に備えた食品ストックガイド(発行:農林水産省)

災害時に備えた食品ストックガイド
農林水産省発行の災害時に備えた食品ストックガイド

https://www.maff.go.jp/j/zyukyu/foodstock/attach/pdf/guidebook-3.pdf

要配慮者のための災害時に備えた食品ストックガイド
農林水産省発行の要配慮者のための災害時に備えた食品ガイドストックブック

https://www.maff.go.jp/j/zyukyu/foodstock/guidebook/pdf/need_consideration_stockguide.pdf

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部 健康福祉課 健康対策係(保健センター)
〒725-8666 広島県竹原市中央三丁目14番1号
電話番号:0846-22-7157
ファックス番号:0846-22-7158
メールでのお問い合わせはこちらから