本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中の防災から【7月豪雨】主な支援制度
ここから本文
平成30年7月豪雨により被害を受けられた方に対する主な支援制度
 
 平成30年7月豪雨により被害を受けられた皆さまに心からお見舞いを申し上げます。
 災害による被害のうち、「平成30年7月豪雨災害」のための特別な支援制度をお知らせします。
 手続き、内容については問い合わせ先へご相談ください。  (令和2年6月30日現在)

 災害による被害を受けられた方への一般的な支援制度はこちら

 各制度の申請には「り災証明書」等が必要となります。それぞれの必要書類は各機関へお問い合わせください。
 なお、市役所の開庁時間は平日8時30分から17時15分までです
カテゴリ支援内容概要問い合わせ先
(課・係)
電話番号
見舞金等被災者生活再建支援金自然災害により住家が全壊もしくは大規模半壊した方に支給市 社会福祉課 福祉総務係0846-22-7742
災害弔慰金自然災害により死亡された方のご遺族に支給市 社会福祉課 福祉総務係0846-22-7742
災害障害見舞金災害により負傷し,重度障害となった方に支給市 社会福祉課 福祉総務係0846-22-7742
平成30年7月広島県豪雨災害義援金住家が全壊・流失・半壊・大規模半壊・床上浸水した世帯及び亡くなられた方のご遺族や1か月以上の治療を要した重症者の方に対して義援金を配分します。市 社会福祉課 福祉総務係0846-22-7742
税・保険料等の減免道路占用料の減免被災した建物の解体,補修等に必要な場合市 建設課
建設総務係
0846-22-7746
住宅に関すること被災した住宅の応急修理災害のため住家が半壊以上となり,自らの資力では応急修理ができない人を対象として,日常生活に欠くことのできない必要最小限度の部分(居室・台所・便所等)の修理を行います。(要り災証明書)市 都市整備課 住宅建築係0846-22-7749
農林業等農林水産業災害復旧事業費補助農業関係:田畑,わさび田などの農地の流亡・埋没,土砂の 流入,あぜの崩壊などの復旧及びため池,水路,道路,堤防,揚水機,共同利用施設などの原形復旧・効用回復など
林業関係:林道・共同利用施設の災害復旧
市 建設課
建設維持係
0846-22-7746
相談建築相談被災住宅及び建築物の復旧等に関する建築相談市 都市整備課
住宅建築係
0846-22-7742
 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.