本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中の市長の部屋から市長メッセージ2020.6.2
ここから本文

令和2年6月 市長メッセージ

 6月に入り,朝,学校再開となった小学生,中学生,高校生が通学する姿を見かけ,新型コロナウイルス感染症対策における新たな局面を迎えたと改めて感じました。

 新型コロナウイルス感染症への対応につきましては,市民や事業者の皆様,また多くの御支援をいただきました皆様の御理解,御協力により,様々な場面で成果を得ていると思っております。この場をお借りして,感謝申し上げます。

 新型コロナウイルス感染症への対応は今後も続いていくと予測されますが,そうした状況下においても社会経済活動を元に戻していく取組が必要です。

 私達にとって初めての経験でありますが,創意工夫をしながら,前を向いて取り組んでいく挑戦が,今まさに必要なことだと感じているとともに,必ずこの難局を乗り越えることができると思っております。

 6月には中国地方も出水期に入ります。2年前の大変な豪雨災害の経験,そして新型コロナウイルス感染症対策を踏まえ,避難所の問題を含めた災害対策を,どのように進めるのかということが新たな課題であると考えます。そのために必要な取組を,新たな視点を持って進めていかなければなりません。

 新型コロナウイルス感染症という未曽有の国難ともいえる大変な状況に対し,今後さらに様々な視点で取組を進めていくとともに,多くの行政課題への対応についても引き続き遅れることなく,現在そして未来を見据えながら,すべての市民の皆様とともに,一丸となり「オール竹原」で、前に進んでいきたいと思っておりますので,今後ともよろしくお願いいたします。 
  
竹原市長  今 榮 敏 彦
 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.