本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中の市長の部屋から市長メッセージ2019.9
ここから本文

敬い感謝する気持ち新たに

 先週の金曜日に1時間程度集中した降雨があり,1年前の豪雨災害の記憶がよみがえる瞬間でありました。今年は幸いなことに,広島県内において秋雨前線による大きな被害は発生していませんが,私たちが1年前に経験した災害を忘れることのないよう,市民の皆さんとともに,いざという時の備えの意識を高くして,まだ続く台風シーズンへの対応に努めていただきたいと思います。

 今週,市の総合防災訓練が開催されます。この訓練は震災発生を想定したものですが,昨年の豪雨災害時での経験などを教訓として,訓練が実施され,多くの市民の皆様が参加されることを願っています。

 先月,東京に出張した際,本市大乗小学校を卒業した,ゴールボールパラリンピック日本代表選手の田口さんを訪問しました。彼は現在,東京パラリンピックの日本代表を目指して頑張っており,彼の所属会社も全面的に支援しておられました。郷土竹原からも彼の頑張りを後押しし,声援を送りたいと思います。皆様も是非とも関心を持っていただき,力強い応援をお願いします。

 昨年度の決算にかかる議会が今月開催されます。決算状況から事務事業の振り返りを行い,今後の行政推進に繋がるよう点検し,来年度の予算編成に生かすことが出来るよう取り組みを進める必要があります。今年度スタートした第6次竹原市総合計画のもとに,市民満足度が向上し賑わいが創出される政策を推進するため,また,来年度以降のまちづくりに繋がる良い機会としていきたいと思います。

 今月は敬老を祝う日がありますが,本市で今年100歳を迎える方が19人おられます。毎年平均寿命が更新される中にあって,本市においてもご長寿を迎えられる方が多くおられることは大変喜ばしいことであり,これまで竹原市の担ってこられた多くの方々を敬い感謝する機会になれば幸いです。

 今後も高齢者の方々が元気でご活躍されるまちを目指して政策を進めてまいります。

 
竹原市長  今 榮 敏 彦
 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.