本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中の市長の部屋から市長メッセージ2021.1
ここから本文
 輝かしい新年を迎えて
 明けましておめでとうございます。皆様には,健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 昨年は,新型コロナウイルス感染症が全世界で猛威を振るい,感染拡大の影響で多くの尊い命が奪われるなど,多方面において甚大な被害が生じた1年となりました。お亡くなりになられた方々に哀悼の意を表しますとともに御遺族の皆様に対し深くお悔やみを申し上げます。

 本市におきましても,昨年12月に初めての感染者が確認されて以降,複数の感染者が確認され,切迫した状況が続く中,国・県・関係機関と連携しながら,感染拡大の防止と経済活動の両立を推進してまいりました。併せて,「新しい生活様式」に対応し,感染リスクの低減を図るとともに,市民の皆様の利便性の向上や行政サービスの効率化を推進するため,電子母子手帳アプリや電子図書館サービスなど行政サービスのデジタル化・オンライン化についても取り組んできたところです。

 他方,コロナ禍と呼ばれる非常に厳しい局面にあっても,本市や本市出身の個人・団体の方々が,スポーツ分野の全国大会において輝かしい成績を収められたり,叙勲の受章や国からの表彰をお受けになるなど,暗い世相を照らす明るいニュースもございました。

 また,平成30年7月豪雨災害からの復旧につきましては,「竹原市復旧・復興プラン」の期間を1年間延長し,令和3年度中の完了に向けて全力で取り組んでいるところであり,引き続き,各種団体と連携を図りながら,市民の皆様の生命を守り安心して暮らすことのできるまちづくりの取組を進めてまいります。

 本年も,新型コロナウイルス感染症という未曾有の脅威から,市民や事業者の皆様が,一日も早く元の生活を取り戻せるよう,国・県・関係機関と連携を図りながら感染症対策に取り組むとともに,本市の目指す将来都市像「元気と笑顔が織りなす 暮らし誇らし、竹原市。」の実現に向け,立ち止まることなく着実に取組を進めてまいりますので,より一層のお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

 結びに,今年1年が皆様にとりまして輝かしい年となりますよう,祈念申し上げます。


 令和3年1月
 
 竹原市長 今榮 敏彦
 
 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.