本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中の市長の部屋から市長メッセージ2020.10
ここから本文
 年度の折り返し地点を迎えて

 今朝の天気は本当に清々しく、秋の訪れを実感したところです。

 本日から市役所のスタッフに5名の新入職員を迎えることになりました。本当に新鮮で初々しい気持ちで我々の職場に入ってきてくれました。

 温かく迎えるとともに、一日でも早く業務に慣れるよう、気を配りながら取り組んでまいりたいと思います。

 さて、新型コロナウイルス感染症についてですが、近況を見ますと、呉市でクラスターの発生により、多くの感染者が発生しています。広島県内、特に竹原市は近隣でもありますので、他の周辺市町と共に、非常に危惧をしているところであります。

 新型コロナウイルス感染防止対策については、これまでも竹原市としては意識を高く持ち、市民の皆様、事業者の皆様にもご協力をいただき、様々な感染防止対策または経済活動に関する支援、そして医療従事者の皆様や失業者の皆様に寄り添った様々な取組を行ってきたところですが、引き続き、慌てず取り組んでいきたいと思っております。

 こうした中、10月1日から、せとうち広島デスティネーションキャンペーン(せとうち広島DC)がスタートしました。また、新型コロナウイルス感染症に関する経済対策であるGOTOキャンペーンなど、経済活動や社会活動を拡大させる取り組みが進められており、9月のシルバーウィークには、大久野島や町並み保存地区などに多くの方に来ていただいております。

 非常に難しい対応ではありますが、感染防止対策と経済活動や社会活動を拡大させる取組の両方が成り立つよう、行政としての対応を行ってまいります。

 皆様も感染防止対策への意識を高く持ちながら、行楽の秋でもありますので、それぞれ仲間内や家族で機会がありましたら出かけるなど、日々の生活を楽しんでいただきたいと思っております。

 そして、10月は年度のちょうど折り返し地点であり、来年度の予算編成に向けて色々な取組が始まってまいります。来年度の予算編成または事業企画提案を含めてこれから限られた時間ではありますけれどもしっかり取り組んでまいりたいと思っております。

 暑かった時期を過ぎ、これから季節の変わり目となってきます。市民の皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染防止対策のため、引き続き、身体的距離の確保やマスクの着用など、「新しい生活様式」を実践いただくとともに、体調管理を万全にされ、体調を崩さないようお気をつけください。
 

     令和2年10月1日

     竹原市長 今榮敏彦
 
 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.