本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中の市長の部屋から市長メッセージ2020.07
ここから本文
 市民の皆様へ
 一昨日から九州南部で大規模な豪雨災害が発生しております。
 お亡くなりになられた方のご冥福を謹んでお祈りするとともに、ご家族の方にお悔やみ申し上げます。また、被災された方々に対し,心よりお見舞い申し上げます。

 2年前の7月に起こった豪雨災害は、今もなお、皆様の脳裏に深く刻まれていることと思います。本日、市民館ロビーで平成30年7月豪雨災害竹原市追悼式を開催するとともに、また献花台を設置して、豪雨災害の犠牲となられた方々に哀悼の誠を捧げます。

 6月末から、本市でも雨が続いており、特に、昨晩のような大雨が降ると、災害が発生しないことを願うとともに、被害を最小限に食い止めたいと強く思います。今出来ることから取り組んでいき、国・県及び関係機関と連携を図りながら、市民の皆様の生命・財産を守る方法を考え、最善を尽くしてまいります。

 新型コロナウイルス感染症対策については、国の交付金を活用した施策に加え、市独自の施策を行っておりますが、どのような施策が一番効果的であるかを、常に検証し、また今後起こりうる新型コロナウイルス感染症の第2波の影響等を考慮し、対策を進めてまいりたいと思います。また、災害時の避難所開設についても、感染症対策を行う等、今までと違った観点からの取組が必要となるため、危機管理セクションだけではなく、市全体で取り組んでまいります。

 今年は新型コロナウイルス感染症の影響で学校の開設期間が変更されるなど、生活の様式が大きく変わってきております。今まで経験がないことでもありますので、創意工夫あるいは試行錯誤しながら、皆様と一緒になって乗り切ってまいりたいと思います。

 くり返しになりますが、本日76日は、2年前の平成3076日豪雨災害で亡くなられた6名を追悼する日であります。そのことを思い、今日1日またはこの7月の梅雨時期を過ごしていただきたいと思います。新型コロナウイルス感染症対策に関しましては、市議会臨時会で追加の補正予算の審議をしていただいております。
 それぞれ大きなテーマでありますが、市民の皆様とともに乗り切ってまいりたいと思います。

引き続きご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

 令和2年7月6日

 竹原市長 今榮敏彦
 
 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.