本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中の各種計画の中の行財政改革から行財政改革の取組状況報告
ここから本文

行財政改革の取組状況報告

 平成17年度末までの取組状況を報告します

 市では、平成13年度に「竹原市行財政改革実施計画」(101項目の具体的取組項目)を定め、行財政運営全般にわたる改革に取り組んできました。このたび、平成17年度末までの最終取組状況をまとめましたので、表1(行財政効果額)、表2(進捗状況)によりご報告します。
 今後も、「地方分権型行財政システムの構築」と「持続可能な財政構造・基盤の確立」の2点を柱として策定した「竹原市集中改革プラン」に基づいて、行政システムや事務事業を見直し、一層の行政サービスの向上に努めてまいります。市民のみなさんのご理解・ご協力をお願いします。


 表1・行財政効果額

項目名    
金額(百万円)
人件費等の見直し
779
補助金等の見直し
118
事務事業の見直し
233
合 計
1,130


 表2・推進内容別進捗状況

内 容
計画件数
実施済み
実施が見込まれるもの達成に相当の努力を要するもの
1.効果的・効率的な行財政運営の推進
45
23
21(10)
2.能率的で的確な事務事業の推進
4(4)
3.弾力的で迅速な執行体制の確立
11
5(3)
4.分権社会の推進に対応できる職員の育成
16
9(8)
5.市民参加のまちづくりの推進
22
17
5(2)
合 計
101
56
44(27)
※(  )は進捗度の高い項目。
 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.