本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中の医療・健康・健診から高齢者肺炎球菌予防接種
ここから本文

高齢者肺炎球菌予防接種


令和2年度対象者   対象者は毎年度変わります
  
  竹原市に住所を有する        
           
     今までに,肺炎球菌予防接種【ニューモバックスNP(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライド
     ワクチン)】を受けていない方で

     ①つぎの生年月日の方
     
     昭和30年4月2日~昭和31年4月1日
     昭和25年4月2日~昭和26年4月1日
     昭和20年4月2日~昭和21年4月1日
     昭和15年4月2日~昭和16年4月1日
     昭和10年4月2日~昭和11年4月1日
     昭和 5年4月2日~昭和 6年4月1日
     大正14年4月2日~大正15年4月1日
     大正 9年4月2日~大正10年4月1日
          
     
    ②接種日に60歳以上65歳未満の人で、
     心臓・じん臓もしくは、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活が
     極度に制限される程度の障害を有する人及びヒト免疫不全ウイル
     スにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害
     を有する人(医師に相談し、該当する場合は該当する障害種別の
     身体障害者手帳の写しまたは証明書【保健センターにあります】
     が必要になります)

    ①または②に該当し接種するという意思の確認ができる場合です
    
実施医療機関

  【市内の実施医療機関】

     浅野内科医院、いのくちクリニック、円山医院、大田整形外科おおた内科、
     大貫内科医院、おぎ皮膚科アレルギー科クリニック、かわの医院、
     呉共済病院忠海分院、桑原内科循環器科医院、こうの医院,しいはらクリニック、
     城原胃腸科整形外科、竹原病院、中島内科クリニック、馬場病院、安田病院
     
     

  市外の医療機関については、直接医療機関へご確認ください【広島県内】  
  実施医療機関以外での接種については、保健センターへご相談ください。

実施期間
   令和2年4月1日~令和3年3月31日   


個人負担額
   3,200
   
   
          ただし、上記対象者のうち次の方は自己負担免除になります

   ●市民税非課税世帯に属する人(世帯員全員が非課税者の場合)
            4~5月申請の場合は令和元年度課税額、6月以降申請の場合は
    令和2年度課税額になります。課税証明書は必要ありません。
   
●生活保護世帯の人

          自己負担免除となる方は接種する前に
   保健センターへ印鑑と個人番号カードまたは通知カード及び本人確認ができるもの
   を持参し、自己負担免除の申請をしてください。
   高齢者予防接種自己負担免除申請書【PDF85KB】
   インフルエンザ・肺炎球菌予防接種券申請書【PDF77KB】
   
         記入に際してご不明な点がありましたら,保健センターへお問い合わせください。
   個人番号(マイナンバー)の記入および本人確認書類の提示が必要な申請です。
   本人が提出する場合と本人以外が提出する場合で確認書類が異なります。
   くわしくはこちら(内部リンク)をご覧ください。
    
接種券の申請について    
    接種する前に,保健センターまたは支所出張所へ印鑑と健康保険証等の
    本人確認ができるものを持参し,申請してください。
    支所出張所の場合は接種券は後日郵送します。
    
    
    
インフルエンザ・肺炎球菌予防接種券申請書【PDF77KB】

    代理人が申請する場合
    あらかじめ,申請書に接種される方が委任状に記入したうえで,申請書を持参してください。
    その際,申請者【代理人】は印鑑と本人確認ができるもの(健康保険証等)を持参してください。
    委任状は申請書にあります。

       
接種時に必要なもの
    健康保険証など本人確認ができるもの
    予防接種券
    自己負担金

接種方法
     接種券を申請後,療機関に予約し接種してください。


 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.