本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中の医療・健康・健診から新型コロナウイルス感染拡大予防について
ここから本文

新型コロナウイルス感染症 拡大予防対策について

新型コロナウイルス感染症にかかる情報などを掲載しています。
 
    家庭内でできる感染対策をお知らせします。
   家庭内が感染経路となっていると考えられる事例も増加しています。
   家で過ごすことが多い年末年始,家庭でできる感染対策に取り組んで
  ください。

   「家庭でできる感染対策」【PDF216KB】
     家庭内における感染対策を強化しましょう 広島県ホームページ  
  
   

    冬の感染症対策へのご協力をお願いします。【PDF744KB】
   「3密の回避」「手洗いと消毒」などの基本的な感染症対策の徹底をし
  会食の席でも会話をする時にはマスクを着用し,小さな声で話しましょう。

   マスクで会食

    新型コロナウイルス感染症の拡大を食い止めるために 
   ※ 中国地方知事緊急メッセージ【PDF154KB】

   感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しましょう。【詳細 PDF728KB】
 
 場面① 
  飲酒を伴う懇親会等
懇親会
 場面② 
  大人数や長時間におよぶ飲酒
長時間の飲酒
 場面③ マスクなしでの会話
 マスクなしの会話
 
 場面④ 狭い空間での共同生活
狭い空間での共同生活
場面 ⑤居場所の切り替わり
居場所の切り替わり1    居場所の切り替わり2

 ※ 感染のリスクを下げながら会食を楽しむ工夫(内閣官房HPより
 
  ◎ 飲酒をするのであれば,少人数・短期間で,なるべく普段一緒にいる人と,適度な酒量にしましょう。
  ◎ 箸やコップの使い回しは控えましょう。
  ◎ 正面や真横は避け,斜め向かいに座りましょう。
  ◎ 会話する時はなるべくマスクをつけましょう。
  ◎ 換気が適切になされているなど,ガイドラインを遵守したお店か確認しましょう。
  ◎ 体調が悪い人は参加しないようにしましょう。


  寒冷な場面における新型コロナ感染症防止のポイント【PDF71KB】
 
  ① 基本的な感染症防止対策
  ② 寒い環境でも換気の実施
  ③ 適度な保湿(湿度40%以上を目安)


   新型コロナウイルス感染症対策の消毒方法について【PDF181KB】 

  

  次亜塩素水を使ってモノのウイルス対策をする場合の注意事項【PDF339KB】 

  次亜塩素水とは,塩素系漂白剤に含まれる次亜塩素酸ナトリウムとは別のものです。
  使用する際は,使い方を確認し,効果的な消毒をしてください。
  
   ※厚生労働省HP「新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について」

                        
   
       
 
   「新しい生活様式」の実践例(厚生労働省)(令和2年6月19日一部改正版) 

 新型コロナウイルス感染症対策は,自らの感染を防ぐだけでなく,他人に感染を広げないこと
も考えていかないといけません。そのためには,一人ひとりの心がけが重要です。
日常生活の中で「新しい生活様式」を心がけていきましょう。


   
  
  
   
    3つの密(密閉・密集・密接)を回避しましょう【PDF1118KB】 

    3つの密を避け、手洗いや咳エチケットなど、感染拡大防止にご協力ください。






 

    人との接触を8割減らす、10のポイント【PDF1423KB】

  新型コロナウイルスを防ぐには【PDF171KB】
 

     布マスクの全戸配布について【PDF52KB】
      ①お知らせ文【PDF762KB】
      ②マスクの洗い方・日常で気をつけること【PDF212KB】
        「布マスクの全戸配布に関するQ&A」厚生労働省HP    

   3つの密を避けるための手引き 【PDF1048KB】 
 
   身のまわりを清潔にしましょう(手洗いの効果・有効な消毒方法) 【PDF187KB】 
 
  手洗い・咳エチケットで感染症対策をしましょう。【PDF694KB】

  家庭内で注意すること【PDF242KB】

  新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために【PDF125KB】

    新型コロナウイルスの集団発生防止への協力(お願い)【PDF1,160KB】

    手作りマスクの作り方・布マスクの洗い方(文部科学省 子供の学び応援コンテンツリンク集)
 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.