本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中の医療・健康・健診から感染性胃腸炎警報 解除
ここから本文

広島県の「感染性胃腸炎警報」が解除されました。 平成31年3月22
  警報は解除されましたが,引き続き手洗いの徹底や食品の十分な加熱など,感染予防に注意してください

 「感染性胃腸炎警報」を解除しました。(広島県感染症・疾病管理センター)
 


 ●感染性胃腸炎とは
 ・冬季に流行のピークがみられるノロウイルスやロタウイルスなどによる感染症です。
 ・患者の便や吐物から人の手などを介して,人から人へ感染する場合や,二次汚染した食品から感染する場合
    などがあります。
 ・特に,ノロウイルスは,非常に感染力が強く,施設内等では感染が拡大し,多くの方が罹患する傾向がある
 ことから,健康被害を受けやすい高齢者施設,保育園などでは,次の点に注意していただき,感染の予防
 及び拡大防止の徹底をお願いします。
  
●予防のポイント
 ・最も有効な対策は,手洗いです。
   トイレ後や調理前・食事の前は、下痢患者等の患者の汚物処理やおむつ交換等を行った後は,必ず
   石けんで手を洗い,清潔なタオル又はペーパータオルで拭きましょう。

 ・患者の吐物や便には,大量のウィルスが含まれています。
   これらのものを処理する場合は,汚物中のウイルスが飛び散らないように,使い捨てのガウン(エプロン),
   マスクと手袋を着用し,ペーパータオル等で静かに拭き取りましょう。
   拭き取った後は,次亜塩酸ナトリウム(塩素系漂白剤,塩素濃度約200ppm)で浸すように床から拭き取り,
   その後,水拭きをしましょう。(室内の適切な換気に気をつけてください。)

 ・おむつや拭き取りに使用したペーパータオル等は,ビニール袋に密封して廃棄します。(この際,ビニール袋に
  廃棄物に十分浸る量の次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度約1,000ppm)を入れることが望ましい。)
 
 ・食品は,中心部までしっかリ加熱しましょう。
   また、理器などの洗浄・消毒を厳守し,生鮮食品(野菜,果物などは)十分に洗浄しましょう。

◎ 手洗いの手順について




 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.