本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中の介護保険から保険料と納付方法
ここから本文

保険料と納付方法

 介護保険料

介護保険は、公費(国や県、市町の負担金)と、40歳以上の方が納める保険料を財源に運営しています。



  65歳以上の人
 
 65歳以上の介護保険料は、竹原市の介護サービスにかかる費用などから算出された「基準額」をもとに、本人や世帯の所得状況などに応じて決まります。
 「基準額」とは、各所得段階において介護保険料を決める基準となる金額のことです。保険料は、本人や世帯の課税状況や所得に応じて、段階的に決められています。

 竹原市では、国の示した方針に基づき、9段階で設定しています。

 令和元年度の保険料
段階対象者割合月額保険料年額保険料
第1段階
  • 生活保護を受けている人
  • 世帯全員が住民税非課税で、老齢福祉年金を受けている人
  • 世帯全員が住民税非課税で、前年の合計所得金額+課税年金収入額が80万円以下の人
基準額×0.3752,212円26,550円
第2段階
  • 世帯全員が住民税非課税で、前年の合計所得金額+課税年金収入額が80万円超120万円以下の人
基準額×0.6253,687円44,250円
第3段階
  • 世帯全員が住民税非課税で、前年の合計所得金額+課税年金収入額が120万円超の人
基準額×0.7254,277円51,330円
第4段階
  • 世帯の誰かに住民税が課税されているが、本人は住民税非課税で、前年の合計所得金額+課税年金収入額が80万円以下の人
基準額×0.905,310円63,720円
第5段階
  • 世帯の誰かに住民税が課税されているが、本人は住民税非課税で、前年の合計所得金額+課税年金収入額が80万円超の人
基準額5,900円70,800円
第6段階
  • 本人が住民税課税で、前年の合計所得金額が120万円未満の人
基準額×1.207,080円84,960円
第7段階
  • 本人が住民税課税で、前年の合計所得金額が120万円以上200万円未満の人
基準額×1.307,670円92,040円
第8段階
  • 本人が住民税課税で、前年の合計所得金額が200万円以上300万円未満の人
基準額×1.508,850円106,200円
第9段階
  • 本人が住民税課税で、前年の合計所得金額が300万円以上の人
基準額×1.7010,030円120,360円



  40歳〜64歳までの人(第2号被保険者)

40歳~64歳の人の保険料は、加入している医療保険の算定方法により決められます。医療保険料と一括して納めます。65歳になる前の月まで納めます。



 納付方法 (65歳以上の人)

   老齢(退職)年金・遺族年金・障害年金が年額18万円以上の人
年金からの天引きになります。(特別徴収)
年金の支払いの際に、年金の受給額から介護保険料があらかじめ差し引かれます。

※年金額が年額18万円以上の方でも、次の方については、普通徴収になります。  
  • 年度の途中で65歳(第1号被保険者)になった方
  • 年度の途中で他の市町村から転入された方
  • 年度の途中で年金の受給が始まった方
  • 年金が一次差し止めになった方
  • 老齢福祉年金のみを受給している方
  • 修正申告等により、保険料の所得段階が変更になった方  など


   老齢(退職)年金・遺族年金・障害年金が年額18万円未満の人
納付書または口座振替で納付します。(普通徴収)

    
 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.