本文へジャンプ

元気と笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気と笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPから吉名(第2次)
吉名町協働のまちづくりネットワーク
 
■組織の概要
会長脇森 智範
設立年月日平成20年11
キャッチフレーズ吉名の和 つないでひろげて 大きな輪
組織体制3部会体制
5年間の重点事業
(平成25~29年度)
自然環境部会・光海神社前広場の花壇整備
・小中学校付近の清掃及び環境整備
・その他環境に関すること
防災部会・小中学校合同避難訓練
・自主防災訓練
・非常炊き出し訓練
・その他防災に関すること
地域交流部会・ダンボールアート(ものづくり)
・夏祭り(盆踊り・小中学校踊りなど)
・その他地域交流に関すること
構成団体吉名地区自治会連合会,吉名町社会福祉協議会,吉名町民生委員協議会,吉名町老人クラブ連合会,寡婦・母子福祉連吉名支部,竹原市消防団第4分団,吉名町青少年育成委員会,吉名ボランティアの会,吉名町スポーツ振興会,吉名公民館運営協力委員会,吉名女性会,吉名公民館,吉名町遺族会,奥山友の会,吉名防犯組合,吉名保育所,吉名小学校,吉名中学校,吉名小学校PTA,  吉名中学校PTA,宗越園,吉名隣保館,吉名駐在所,地元市議会議員,吉名少年野球育成会


■基本資料             
  ● 組織図 (976kbyte)pdf 
  ● 地域行動プラン (1,341kbyte)pdf

  ● 第2次組織図(1,017kbyte)pdf
  ● 第2次地域行動プラン(2,940kbyte)pdf
 
■活動状況
  ● 平成20年度~平成24年度 (65kbyte)pdf
  ● 平成25年度~平成29年度(84kbyte)pdf
地域行動プラン吉名町第2次地域行動プラン
地域行動プラン第2次地域行動プラン


■吉名町の魅力
(1)組織設立の趣旨
平成18年に市から協働のまちづくりの構想が発表されるのに対応して,吉名町の自治活動として,数回の意見交換会の開催,町民1人1アンケートの実施などの住民意向の集約を行いました。
次第に、住民自治組織づくりに対する機運の高まりをみせ,吉名町の特性を踏まえた規約・組織・事業の推進テーマの確定を得て,事業活動を実施することとなりました。
 自治会・学校・公民館・消防団など各種団体(和)が枠を超えて連携・協力し,安心・安全なまち、住みよく魅力あるまちづくり(大きな輪)を進めていきます。

 

(2)吉名町の四季/イベント
 
赤土で育った吉名のじゃがいも カブトガニの生息地
 
第68代内閣総理大臣池田勇人出生の地 レンガの産地


■平成20年度~平成24年度を振り返って
 (1)これまでを振り返って
  他人への思いやり,相互扶助の精神を基本に,住民・各種団体同士の住民活動の輪をさらに広げ,安心安全で魅力ある地域づくりを進めようと,平成20年3月「吉名の和 つないでひろげて おおきな輪」をキャッチフレーズに吉名町協働のまちづくりネットワークを設立しました。
 第1次地域行動プランでは活動の柱を3つ(防災・自然活動・地域交流)とし,皆様の協力を得て取組みました。町民が安心安全に暮らせるよう,また魅力ある吉名のまちづくりを推進するために,次のステップとして第2次地域行動プランを実行してまいります。
 5年間で得た成果と課題を踏まえ,さらにステップアップさせていきたいと考えております。
     
 (2)これまでの事業
 
平方海岸の清掃 光海神社下広場の花壇整備
 
防災訓練(倒壊家屋救助訓練) ウォークラリー大会の開催

 (3)会長インタビュー
脇森会長の写真
脇森 智範 会長
Q1.吉名町は,どのような地区ですか。
A1.吉名町は,瀬戸内海に面し,町を郷川が流れ,その源流には奥山,その山頂には鷹巣山があり,大変環境に恵まれた土地柄です。また,半農半魚で,おいしいジャガイモやかきなどの新鮮な魚介類が自慢です。
  
Q2.吉名町の現在の課題を教えてください
A2.高齢化が進んでいることもありますが,特に若い人のまちづくりへの参画が少ないのが課題ですね。
若い人にも楽しんで来てもらえるようなイベントを企画するためにも,どんどん若い人に参加してもらい,そのアイデアを取り入れていきたいと思います。
それから,いざというときのために,人命を第一とした保安体制を確立していかなければなりません。
今後は災害の種類ごとに避難の方法など,一連の流れを住民の皆さんにもわかるように提示していきたいと考えています。
  
Q3.今後どのようなまちづくりをしていきたいですか。
A3.若い人が活躍できるまちづくりを進めていきたいで
    すね。若い人が前面に出て活動できるような雰囲
    気づくり,環境づくりを行っていきたいと思います。



竹原市地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.