本文へジャンプ

元気と笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気と笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPから竹原第3(第2次)
竹原第3地区協働のまちづくりネットワーク
 
■組織の概要
会長岡田 文夫
設立年月日平成20年11月
キャッチフレーズ歴史と文化が紡ぎあう地域づくり
組織体制2部会体制
5年間の重点事業
(平成26~30年度)
安心安全部会【防災】
・防災資機材の活用・管理
・防災訓練の実施
・土のうづくり
【防犯】
・防犯灯の点検
・子どもの見守り,地域の見守り
【環境】
・生活道路,道路側溝の点検整備
その他安心・安全に関すること
交流部会【交流】
・正月飾りづくり,門松製作
・小路水路へ竹アーチ製作
・憧憬の路などのイベントに参画
【高齢者支援】
・介護,交通安全に関する講演会
その他交流に関すること
構成団体竹原第3地区社会福祉協議会,上市自治会,小路自治会,楠通自治会,竹原町女性会,竹原市消防団第1部3班,老人クラブ(小路区若葉会・上市老人クラブ・楠クラブ),竹原町町並み保存会,民生委員児童委員,NPO法人ネットワーク竹原

■基本資料               
  ● 組織図 (1,375kbyte)pdf
  ● 地域行動プラン (1,996kbyte)pdf

  ● 第2次地域行動プラン(1,587kbyte)pdf

■活動状況
  ● 平成21年度~平成25年度 (80kbyte)pdf
  憧憬の路へ参加しました 
憧憬の路への参加
 照蓮寺前に竹灯りを飾り付け,訪れる人に
町の魅力を感じてもらいました

  ● 平成26年度~平成30年度 (73kbyte)pdf
  
  
  
第1次地域行動プランの表紙
第2次行動地域プランの表紙
地域行動プラン第2次地域行動プラン
  
  
  
  
  
  
  
  

■竹原第3地区の魅力
  (1)組織設立の趣旨
  竹原第3地区には国重要伝統的建造物群保存地区にも選定されている町並みがあります。江戸時代から凛と佇む家々と浪漫を秘めた江戸情緒が時代を超え,落ち着いた静けさと温かさを感じ,心が和む空間となっています。文化と人々の生活が共存している場所だからこそ,人々がここに訪れたときに懐かしさを感じるのだろうと思います。
 日々の暮らしの中に町並みの良さを未来へと継承していくための営みが根付いています。
 私たちは,長い年月をかけて育んできた,まちへの愛着と,向こう三軒両隣の顔が見える付き合いを未来へと継承していきます。
 そして,先人たちが守り続けてきた多くの歴史的建造物や,そこに住む人々の幸せを次世代につなぐことが,町並みに暮らす私たちに課せられた重要な役割だと考えています。
 次世代に向け,協働のまちづくりを進めていきます。

 
     
  (2)竹原第3地区の四季/イベント
 
普明閣 竹まつり
 
憧憬の路 文化財防火デー


■平成21年度~平成25年度を振り返って
 (1)これまでを振り返って
 「歴史と文化が紡ぎあう地域づくり」をキャッチフレーズにこの5年間頑張ってきました。
この地域の3地区が垣根を越えて交流し地域のつながりができたことや,自分たちの力により安心して暮らしていく環境ができたなど成果もありましたが,ひとり暮らし高齢者との交流があまりできなかったことや,活動への参加が少なく住民への周知不足など課題もありました。

 (2)これまでの事業
 
正月飾りづくり 竹原西幼稚園門松
 
防災訓練 介護講演会


 (3)会長インタビュー
岡田会長
岡田 文夫 会長
Q1.竹原第3地区は,どのような地区ですか。
A1.古い建物が建ち並び,国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている上市地区を中心とした竹原でも古くからの地域で,住民も昔からの人が多く居住 していて,住民同士のコミュニケーションも向う三軒両隣という雰囲気の漂うところです。
  
Q2.今後どのようなまちづくりをしていきたいですか。
A2.今後,少子高齢化・人口減少が進行し,地域を取り巻く環境が厳しくなりますが,住民同士が交流し助け合い,地域と行政とが連携しながら町並みを活かしたまちづくりを推進してまいります。
  
  
  
 



竹原市地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.