本文へジャンプ

元気と笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気と笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPから忠海第3
忠海第3地区協働のまちづくりネットワーク
 
■組織の概要
会長大本 貴志
設立年月日平成22年3月
キャッチフレーズ手をつなぎ みんなで育む あじかたの町
組織体制3部会体制
5年間の重点事業
(平成22~26年度)
防災部会・防災危険箇所の状況確認
・避難場所,避難方法の検討
・防災のための清掃活動・環境整備
・防災資機材の整備
・地区内防災マップの作成
・自主防災訓練の実施
・その他自主防災に関すること
福祉交流部会・声かけ,あいさつ運動
・ふれあいサロンの整備
・要援護者に配慮した連絡網づくり
・その他福祉・交流に関すること
防犯部会・声かけ,あいさつ運動
・児童見守り活動の拡充
・防犯パトロールの拡充
・防犯設備の点検・改善
・その他防犯に関すること
構成団体自治会(中新地区・福寿・天神町・忠海20区・掛場町・川下・忠海床浦一丁目・長浜・忠海団地),忠海町第3地区社会福祉協議会,忠海第3地区防犯組合,民生委員・児童委員,忠海西小学校・同PTA,忠海中学校・同PTA,忠海高等学校・同PTA,子ども会(長浜・北風・ゆうやけ・エース・レインボー),消防団第分団2部,忠海西女性会,ボランティアあじかた,忠海町老人クラブ連合会,黒滝山を愛する会,黒滝ホーム忠海,
社会福祉法人聖恵会,コミュニティ推進協議会,明星保育園,聖愛幼稚園,忠海公民館,NPO法人福祉ステーションただのうみ


■基本資料
  ● 規約 (139kbyte)pdf                 
  ● 組織図 (847kbyte)pdf 
  ● 地域行動プラン (873kbyte)pdf


■活動状況
  ● 平成22年度~平成23年度 (58kbyte)pdf
hyousi








地域行動プラン 

■忠海第3地区の魅力
  (1)組織設立の趣旨
  わたしたちは、多くの縁によって結ばれ 支えられています。
 縁あってこの地に生まれ、この地に移り、この地で暮らしこの地を育み、この地へかえっていきます。
 平成7年におきた阪神淡路大震災。住民同士の助け合いの精神から生まれた「協働」。
 わたしたちにとってそれは、平成16年の台風で尊い命を奪っていった あの土砂災害の瞬間だったのかもしれません。
 この地に集い、つないだ縁を わたしたちは、深め、未来へとつないでいきます。
忠海から見る瀬戸内海 宮床から見る初日の出

  (2)忠海第3地区の伝統/イベント

  (3)会長インタビュー
大本会長
Q1.忠海第3地区は,どのような地区ですか。
A1.一言でいうと,風向明媚な町ですね。
   忠海第3地区は長浜から大砂川周辺までの東西4km、
   南北は1.2㎞の細長い広範な地域ですが,子ども見守り
   が充実しているなど,子どもを大切にする町だと思いま
   す。
   出会いがけに子どもに気軽に声掛けをするなど,日常的
        に交流も生まれています。そして,高齢者,障害のある
   方たちにもやさしい町です。何よりもお祭りが大好きで
   す。


Q2.忠海第3地区の現在の課題を教えてください

A2.海から山にかけて,この地区は災害の危険性の高い地
   域だと言えます。
   古い町でもあり,道路も狭いため,緊急時の経路を確保
   するなど,対策が必要だと考えています。

Q1.今後どのようなまちづくりをしていきたいですか。
A3.やはり一番大切なのは住民同士のふれあいだと思いま
   す。災害時には,日ごろからの関係ができていないと,
   救援活動 もうまくいかないでしょう。ふれあいを深めるた
   め,みんなが気軽に話し合える場を作り,もっと外へ出
   かけ,声をかけあえるまちにしていきたいですね。
大本 貴志会長







宮床まつり
 
祇園祭
宮床まつり 祇園まつり
掛場のししまい
 ゆかたまつり
掛場のししまい ゆかた祭り

竹原市地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.