本文へジャンプ

元気と笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気と笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPから忠海第1
忠海第1地区協働のまちづくりネットワーク
 
■組織の概要
会長伊勢本 学
設立年月日平成20年3月
キャッチフレーズわっしょいわっしょい みんなでかつごう 二窓づくり
組織体制1テーマ(防災)5班体制
5年間の重点事業
(平成21~25年度)
情報班・ 災害時情報連絡網の整備・改善
・ 災害時用援護者の把握・台帳作成
・ 防災マップづくり等の情報共有活動 
  など
防災班・ 高潮対策
・ 災害予防活動 など
救出・救護班・ 救命法や応急救護技術・技能の習得
・ 要援護者等の安全確認・支援 など
避難・誘導班 ・ 避難の際の誘導方法の研究及び
 マニュアル 作成
・ 避難所の充実 など
給食・給水班・ 炊き出し訓練の実施
・ 食料品の備蓄 など
構成団体
忠海東町第1~7自治会,忠海第1地区社会福祉協議会,忠海東女性会,消防団第分団1−1,老人クラブ,民生委員児童委員,エデンの海,小丸居神社奉賛会,忠海東公民館,忠海東小学校・PTA,忠海中学校・PTA,忠海高等学校栄寿会,忠海東部保育園

■基本資料                 
  ● 組織図 (305kbyte)pdf
  ● 地域行動プラン  (533kbyte)pdf


■活動状況
  ● 平成21年度~平成23年度 (59kbyte)pdf
地域行動プランの表紙








地域行動プラン 

■忠海第1地区の魅力
  (1)組織設立の趣旨
  祭り、福祉、環境美化、公民館活動、とにかくよそのまちに負けんくらいまちづくりを頑張ってきたわ。そのおかげで、地域の人はみんな家族のようなもん。近所の人は、子どもの頃から顔を知っとるし、みんなも自分のことを知ってくれとるから、もしもの時には助けてくれる、そんな安心がある。ほんま二窓は、向こう三軒両隣の見本になるような自慢のまちよ。
 じゃが、この地域も高齢化するし、高潮被害などの災害も増えてきとる。みんな、今まで以上に地域でまとまって、役割を話し合わんといけん状態になった。地域の命は、みんなで守らんといけん。そのために進める第1歩、それは、災害に負けん二窓づくり。みんなが安心して暮らせる二窓づくり。できることから一緒にやろうや。
  
  (2)忠海第1地区のイベント/二窓の神明まつり
 
神明さんに願いを託して 燃え盛る神明さん
 
餅巻き 昔の神明祭り

   (3)会長インタビュー
Q1.忠海第1地区は,どのような地区ですか。
A1. 「お~い」と言ったら,すぐに集まるような,そんな意思疎
   通ができた町ですね。
            住民同士,互いに顔もよく知っているので,不審者など
   による犯罪も少ない町です。


Q2.忠海第1地区の現在の課題を教えてください

A2. 少子高齢化が進み,人口も減少していく中で,まつりな
          どの伝統行事をどのように続けていくかが課題です。


Q3.今後どのようなまちづくりをしていきたいですか。
A3. 住民が温かい心を持ち,高齢者を大切に守っていける
    ような,そんな明るいまちをみんなでつくっていけたらと
        思います。
伊勢本 学会長








竹原市地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.