本文へジャンプ

元気と笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気と笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPから大井・宿根
大井・宿根地区協働のまちづくり協議会
 
■組織の概要
会長稲葉 忠彦
設立年月日平成20年11月
キャッチフレーズ“ありがとう、すみません、おかげさま”
人にやさしいまちづくり
組織体制4部会体制
5年間の重点事業
(平成21~25年度)
安心・安全部会・ 防災体制の整備
 (訓練・防災マップ・防災資材購入・
  自主防災等)
・ 助け合いネットワーク整備 など
環境部会・ 環境整備(天池・西の川・憩いの広場等)
・ 地域の景観づくり
  (植樹・花植え・おらがまちの清掃隊等)
・ ほたるの里づくり  など
文化部会・ 東永谷製鉄遺跡の継承
・ 地域歴史の探求等 など
ふれあい部会・ 高齢者対策
 (お助け隊の編成等)
・ 世代交流
 (イベント・交流会・
  協働作業・伝統等)
・ 青少年育成
 (皆であいさつ運動等)
構成団体自治会,社会福祉協議会,長寿クラブ,消防団,民生委員児童委員,女性会,ボランティアいこい,明清クラブ,
実年会,竹原中学校6支部,竹原西小学校5部団,
子ども会(ちびっこ・あすなろ・子鹿・築地),中山間地会,農業振興委員会,保育所,消防団後援会,
医療法人楽生会馬場病院,交通安全協議会,駐在所,ただら遺跡保存会,公民館


■基本資料
  ● 規約 (137kbyte)pdf                 
  ● 組織図 (811kbyte)pdf
  ● 地域行動プラン (1,540kbyte)pdf


■活動状況
  ● 平成21年度~平成23年度 (91kbyte)pdf
地域行動プランの表紙








地域行動プラン 

■大井・宿根地区の魅力
  (1)組織設立の趣旨 
  大井・宿根地区は、古くは大井谷から弥生時代の土器が出土していることから、かなり昔から、この地域に人が住みついていたと考えられます。そして、今も美しい自然である海(築地)・山(朝日山)・池(天池)と、そして自慢の歴史・文化が残っています。

“ありがとう”“すみません”“おかげさま”
 現在、3人に1人が高齢者で、5年後には高齢化率は40%に達する見込みです。こういった少子高齢化が進む中、地区内の住民1人ひとりにアンケートを行い,得たニーズを基に、4つの部会を立ち上げました。
それぞれの高齢者が自分で出来ることをやりながら、出来なくなったことを地域の人たちと助け合い、人にやさしく安心して暮らせるまちづくりを目指し、取り組みを一歩ずつ進めていきます。
みんなで一緒にやろうや!

 
  

  (2)大井・宿根地区の四季/イベント
 
瀬戸内の美しい「築地湾」 西暦1600年代に土着した「観音堂」
 
 九朗神社大祭 出土した「弥生時代土器」

  (3)会長インタビュー
Q1.大井・宿根地区は,一言でいうと,どのような地区ですか。
A1.弥生時代の土器が出土していることから,かなり昔 
   から人が住んでいた地域と考えられます。
   高齢化率も35%を超え,人口減少の地域ですが,
   地域の行事への参加意識は強く,協力し合う住民
   力は素晴らしい地域です。

Q2.大井・宿根地区の現在の課題を教えてください

A2.高齢化が進んでいますので,今からは若者を頼りに
   するだけでなく,高齢者が高齢者を支えあっていか
   なければならないと考えます。


Q3.今後どのようなまちづくりをしていきたいですか。
A3.1 なんといっても高齢者が安心して暮らせる事業を
     展開しなくてはならないと考えます。
   2 地域の宝である山・池・海の環境改善を行い,
     更に昔ながらの歴史を掘り起こし継承したいと
     考えます。
稲葉 忠彦会長








竹原市地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.