本文へジャンプ

元気と笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気と笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPから小梨(第3次)
小梨地区協働のまちづくりネットワーク
 
■組織の概要
会長渡橋 昭二郎
設立年月日平成20年3月
キャッチフレーズぴんぴん元気で現役100歳!!
組織体制全体会議(部会なし) 4テーマ
10年間の重点事業
(2018~2027年度)
環境 ・菖蒲園の整備
・休耕地の活用 など
高齢者支援・ 高齢者健康講座の開催
・ たすけあいネットワークプランの策定
                      など
安心・安全・防災意識の啓発
・災害時マニュアルの作成 など
地域交流 ・おなしホタルまつりの開催
・地域に隠れた魅力おこし など
構成団体自治会,社会福祉協議会,老人クラブ,女性会,子ども会,農事組合法人サンファームおなし,消防団,中山間地域会,ボランティアたけのこ,民生委員児童委員,公民館

■基本資料              
 ● 組織図 (568kbyte)pdf
 ● 地域行動プラン (1,225kbyte)pdf

 ● 第2次組織図 (116kbyte)pdf
 ● 第2次地域行動プラン(2,752kbyte)pdf

 ● 第3次 組織図 (135kbyte)pdf
 ● 第3次地域行動プラン(1,891kbyte)pdf

■活動状況
 ● 平成21年度~平成24年度 (72kbyte)pdf
 ● 平成25年度~平成29年度(98kbyte)pdf
 ● 平成30年度~令和4年度(86kbyte)pdf
地域行動プラン第2次地域行動プランの表紙第3次行動プランの表紙
地域行動プラン第2次地域行動
プラン
第3次地域行動
プラン

■小梨地区の魅力
  (1)組織設立の趣旨 
 楽しもうや!地域づくり
 まちづくりなんて・・・。いやいやそんなにかまえずに,みんなで楽しむことが一番よ。なんかあったときに,助けんといけんという気持ち,助けてもらえるという安心感。そういった住民同士の通じ合いがなによりも大事。
私たちのまちづくりコンセプトは次の3点。
○みんなで話そうや! 
 地域づくりは,地域で感じたこと,思ったことをみんなで話すことからはじまるんよ。
○未来像を共有しようや!
 こんな地域にしようとみんなが団結すれば,おのずと知恵を出し合うようになる。
○得意分野をいかそうや!
 地域は人材の宝庫。みんなの得意分野を持ち寄れば,あんなこともこんなこともできる!

  (2)小梨地区の四季/イベント
 
県道清掃活動
(マイロード第1号認定)
 盆踊り
 
町民運動会 亥の子


■これまでの活動
(1)これまでを振り返って 
 小梨地区協働のまちづくりネットワークは,「ぴんぴん元気で現役100歳!!」をキャッチフレーズに平成20年3月に設立しました。
 住民アンケートや団体との意見交換会を踏まえ,第1次行動プラン(平成20年度~平成24年度)を策定し,「安心・安全」・「環境」・「高齢者支援」・「交流」をテーマに,これまで地域で取組みできなかった新しい事業を,「楽しみながら」・「助け合いながら」地域づくりの活動を実施しました。
 これまでの5年間をふりかえり,少子高齢化・人口減少により,各種団体の活動の停滞,伝統行事の継続が困難になりつつあります。
 今後,この地域が魅力あふれる住みよい地域となるよう,「安心・安全」・「環境」・「高齢者支援」・「交流」のテーマを掲げ,第2次地域行動プランを策定しました。
 小梨地区協働のまちづくりネットワークでは,みんなで支え合い・助け合って「安心・安全なまちづくり」を目指していきます。

(2)これまでの事業
 
花菖蒲植付け 花菖蒲
 
おなしホタルまつり おなしホタルまつり



竹原市地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.