本文へジャンプ

元気と笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気と笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPから小梨
小梨地区協働のまちづくりネットワーク
 
■組織の概要

会長高橋 渉
設立年月日平成20年3月
キャッチフレーズぴんぴん元気で現役100歳!!
組織体制全体会議(部会なし) 4テーマ
5年間の重点事業
(平成20~24年度)
環境 ・ 景観づくり・ 休耕地の活用
高齢者支援・ 健康づくり
・ 助け合いネットワーク
安心安全・ 救急救命対策
・ 防災対策
交流 ・ みんなが参加できる行事
構成団体自治会,社会福祉協議会,老人クラブ,女性会,子ども会,農業生産組合,消防団,ボランティア,民生委員児童委員,小梨町人権教育推進協議会,公民館

■基本資料
  ● 規約 (129kbyte)pdf                 
  ● 組織図 (568kbyte)pdf
  ● 地域行動プラン (1,225kbyte)pdf

■活動状況
  ● 平成21年度~平成23年度 (72kbyte)pdf
地域行動プラン








地域行動プラン 

小梨地区の魅力
  (1)組織設立の趣旨 
 楽しもうや!地域づくり
 まちづくりなんて・・・。いやいやそんなにかまえずに、みんなで楽しむことが一番よ。なんかあったときに、助けんと
いけんという気持ち、助けてもらえるという安心感。そういった住民同士の通じ合いがなによりも大事。
私たちのまちづくりコンセプトは次の3点。
○みんなで話そうや! 
 地域づくりは、地域で感じたこと、思ったことをみんなで話すことからはじまるんよ。
○未来像を共有しようや!
 こんな地域にしようとみんなが団結すれば、おのずと知恵を出し合うようになる。
○得意分野をいかそうや!
 地域は人材の宝庫。みんなの得意分野を持ち寄れば、あんなこともこんなこともできる!

  (2)小梨地区の四季/イベント
 
県道清掃活動
(マイロード第1号認定)
 盆踊り
 
町民運動会 亥の子

  (3)会長インタビュー
Q1.小梨地区は,どのような地区ですか。
A1.高齢者の多い町です。
     キャッチフレーズにあります「ぴんぴん元気で現役
   100歳!!」を目指して,健康教室など,一人ひとり
   の健康維持に重点を置いて取組みを進めています。
     人口は少ないですが,地域行事は多く,春の健康
   ウォーク,ホタルまつり,夏の盆踊りなど,みんなで
   楽しく集まれる機会をつくっています。


Q2.小梨地区の現在の課題を教えてください

A2.人口に対し,団体数が多く,どの団体の会合を開い
        ても同じ顔ぶれに。複数の団体の役員を兼務してい
        る高齢者の負担を考えると,団体組織のあり方につ
        いて見直しが必要だと感じています。


Q3.今後どのようなまちづくりをしていきたいですか。
A3.まずは,行事等を継続していくこと。そして,多くの
   住民に参加してもらえるよう,「例年どおり」ではなく,
   何か新しい楽しみを加えていきたいですね。特に
   高齢者は,例年どおりであれば,今年は行かなくても
   いいかと,行事へ出なくなってしまうこともありますか
   ら。
   いつまでも住民が元気でいられるよう,みんなで工夫
   をしていきたいと思います。
高橋 渉会長








竹原市地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.