本文へジャンプ

元気と笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気と笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPから中通小学校区
中通小学校区協働のまちづくりネットワーク
■組織の概要
会長半田 七郎
設立年月日平成28年4月
キャッチフレーズ手をつなぎ 心のふれあう まちづくり
組織体制2テーマ
5年間の重点事業
(平成28~令和2年度)
安心・安全【防災】
・ 自主防災訓練の実施
・ 防災資機材の調達
・ 自主防災マップの作成
・ 災害時要援護者の支援
・ 災害時情報連絡体制の構築  など
【防犯】
・ 防犯パトロール(青色回転灯パトロール)
・ 見守り活動
・ 防犯意識の啓発  など
【環境】
・ 地区内環境美化活動  など
ふれあい・交流【高齢者支援・子育て支援】
・ 声かけ・見守り活動
・ 子育て支援の充実
・ 地域サロンの充実  など
【地域交流】
・ 伝統行事の継続
・ スポーツ大会の実施
・ あいさつ運動  など
構成団体(順不同)下野町東社会福祉協議会,竹原市消防団第1分団2部1班,下野老人クラブ,中通小学校連合育成会,中通地区スポーツ振興会,民生委員・児童委員,中通小学校PTA,竹原中学校PTA6支部,中通公民館,青少年育成竹原市民会議,自治会(大応,中通,成井地区,上条),中通小学校区の住民


 
■基本資料
  ● 地域行動プラン・組織図(5,124kbyte) pdf

■活動状況
     設立総会のようす
    総会のようす

      ●平成28~令和2年度(72kbyte)pdf
地域行動プラン 
地域行動プラン 


 
■中通小学校区の魅力
  (1)組織設立の趣旨
 中通小学校区は,竹原市下野町東部に位置し,西に朝日山(標高454m)がそびえ,中央に北西から賀茂川が流れ,その河岸に国道2号線から竹原市の中心部を結ぶ国道432号線が通っています。沿道には,ガソリンスタンド,運輸会社,自動車販売会社,飲食店,ショッピングセンターなどが並び,中通には,昔から街道に人家が軒を列ね,大王・新宮原・成井には,住宅団地・県営・市営などの住宅群があります。一方,上条・阿此比・宮原・受矢・正部の一部では古くからの田畑があり,ほとんど兼業農家ですが非農家も増えています。
 また,地域には各種団体があり,伝統行事・子ども会行事・スポーツ大会など,積極的に取り組んでいますが,子どもの減少や若者の地域ばなれ,高齢者世帯の増加などから,住民のふれあいが希薄になっており,防災・防犯に対する不安といった課題があります。
 そこで,『手をつなぎ 心のふれあう まちづくり』をキャッチフレーズに,大人から子どもまでが助け合い,安心して暮らせる,魅力あふれる地域を目指して,自治会や各種団体が集まり,それぞれの得意分野を活かしながらお互いに連携し,助け合う住民参加型の「中通小学校区協働のまちづくりネットワーク」を設立しました。

中通小学校 中通小学校区


(2)中通小学校区の四季/イベント
恵美須祭 神明祭
恵美須祭 神明祭
地域サロン 夕涼み会
地域サロン 夕涼み会


(3)会長インタビュー

半田 七郎  会長
Q1.中通小学校区は,どのような地区ですか。
A1.中通小学校区は,竹原市下野町にあり,西に朝日山(標高454m)がそびえ,中央に北西から賀茂川が流れ,その河岸に国道2号線より竹原市の中心部を結ぶ国道432号線が通っています。そして沿道には,ガソリンスタンド,各種工業所,運輸会社,自動車販売会社などが並んでいます。
  
Q2.中通小学校区の現在の課題を教えてください
A2.少子高齢化による一人暮らし世帯の増加や,また防災について,地区内でも環境に違いがあるため,その地区にあった防災対策が課題です。
  
Q3.今後どのようなまちづくりをしていきたいですか。
A3.“こんにちは”と声をかけあい,住民同士の心をつなぐまちづくりをしていきたいです。また,絆を深めることで,誰もが住み良いと思える,災害に強い地域にしていきたいです。


竹原市地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.