本文へジャンプ

元気と笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気と笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPから東野(第2次)
東野町協働の町づくりネットワーク
        
■組織の概要                             
会長上原 博明
設立年月日平成20年4月
キャッチフレーズみんなで創ろう! 安心・安全な町 東野
(笑顔 ふれあい 助け合い)
組織体制2部会体制
5年間の重点事業
(平成25~29年度)
安心安全部会 【防災】
・自主防災訓練の実施
・防災資機材の調達
・自主防災マップの作成
・災害時要援護者の避難支援
【防犯】
・防犯パトロール(青色灯回転パトロール)
・見守り活動
・防犯意識の啓発
【環境】
・町内環境美化
・不法投棄パトロール
その他防災・防犯・環境に関すること
交流部会【高齢者支援・子育て支援】
・買物弱者への情報提供
・子育て支援の充実(ひがしのキッズなど)
【地域交流】
・伝統行事の継続・支援(町民体育大会など)
その他高齢者支援・子育てに関すること
構成団体自治会,社会福祉協議会,女性会,東寿クラブ,民生委員・児童委員,公民館,消防団,保育所保護者会,東野小学校PTA,  賀茂川中学校PTA(東野),ひまわり会,寿和会,すくすく会,子ども会育成連合会,交通安全会,地域安全推進員,青少年育成協議会,食生活改善推進員,城山を愛する会,人権教育推進協議会,駐在所連絡協議会


■基本資料
  ● 組織図 (587kbyte)pdf
  ● 地域行動プラン (1,089kbyte)pdf

  ● 第2次組織図(111kbyte)pdf
  ● 第2次地域行動プラン(2,475kbyte)pdf

■活動状況
  ● 平成20年度~平成24年度 (104kbyte)pdf
  ● 平成25年度~平成29年度(82kbyte)pdf
第1次地域行動プラン
第2次地域行動プラン表紙
地域行動プラン第2次地域行動プラン

■東野町の魅力
  (1)組織設立の趣旨
    東野町には,南北へ走る竹原~松江線(国道432号)があり、山陽自動車道,広島空港へのアクセスも便利な地域です。また、明治末期ごろから,葉たばこの生産や養蚕を中心に栄えた村で、現在も、土壁の乾燥倉や「蚕の里」という当時の生活を映し出す資料館があります。
  町内は6区域に分けられ,さまざまな自治活動の基礎単位となっています。町内体育大会・球技大会・盆踊り大会・産業文化祭・戦没者追悼法要・敬老会・神明祭りなどの行事を各種団体が活発に取組んできた積み重ねが現在の東野町の礎となっています。
  地域を取り巻く環境が大きく変わってきている中,地域住民が,どのようなまちづくりを望んでいるのか,アンケートにより意見を集約し,東野町の未来づくりの方法や指針を定めた地域行動プランを作成しました。
 地域住民・地域と行政が連携し,「笑顔でふれあい,互いに助け合い,安心して暮らせる町」づくりの実現へ向け取り組んでいきます。

 
     
  (2)東野町の四季/イベント
 
東野太鼓 蚕の里資料館
 
賀茂神社 産業文化祭


■平成20年度~平成24年度を振り返って
 (1)これまでを振り返って
住民同士のつながり“絆”の再構築に向けて,“ふれあい・助け合い”をキーワードに,「笑顔でふれあい 互いに助け合い 安心して暮らせる町」をめざし,平成20年7月,自治会をはじめ各種団体が集まり,「東野町協働の町づくりネットワーク」を設立しました。
地域住民の皆さんのアンケートや各種団体との意見交換を踏まえ,第1次地域行動プラン(平成20年度~平成24年度)を策定し,地域の課題解決や魅力づくりに向けて活動を行いました。第1次地域行動プランでの活動をふりかえってみて,少子高齢化・核家族化の進行や若い世代の流出などによる新たな問題や課題が浮びました。

 (2)これまでの事業
 
防災訓練 不法投棄撤去作業
 
交通安全見守り活動 子育て支援“ひがしのキッズ”東野探検

 (3)会長インタビュー

 上原 博明 会長
Q1.第2次地域行動プランの策定に向けて。
A1.子どもから高齢者までが笑顔でふれあい,お互いに助け合いながら暮らせる地域になるよう,第2次地域行動プラン(平成25年度~平成29年度)を策定しました。
  
Q2.組織体制はどうかわりますか。
A2.組織体制については,「安心安全部会(防災・防犯・環境)」・「交流部会(高齢者支援・子育て支援・地域交流)」の2つの部会で,活動を進めていきます。
  
Q3.今後どのようなまちづくりをしていきたいですか。
A3.少子高齢化により,各種団体の活動範囲が限られ,継続が困難になりつつあり,地域を取り巻く環境が大きく変わってきております。
このため,当ネットワークが各種団体をお互いに助け合いながら横のつながりを密にし,地域と行政が連携しながら,「みんなで創ろう!安心・安全な町」を目指します。




竹原市地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.