本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中のスポーツ・文化・生涯学習の中の文化財から埋蔵文化財の事前協議について
ここから本文

文化財等の有無及び取扱いについて


竹原市内で建築(個人住宅の建築・改築を含む)や擁壁・盛土・切土などの土木工事(農業関係も含む)や開発事業を行う場合,文化財等の有無とその取扱いについて,事前に協議していただくようお願いしています。

工事の計画を立てられる際には,事前に竹原市教育委員会文化生涯学習課 文化財保護係までご相談下さい。

協議は市内全域を対象とし,工事を行う面積の大小に関わらず土地の形質を変更するものは全てが対象となります。

事前協議を行われる際は,必要事項を記入した協議書を2部提出してください。

その際には,次の資料を添付してください。
 1:計画の概要を示す資料(パンフレット等がある場合)
 2:開発計画地を示す地図(1/10,000~1/25,000 住宅地図など)
 3:開発計画の区域,掘削を伴う場合はその深度を示す図面(1/500~1/1,000)
なお,図面は計画地を含めた周辺の地形が分かるものを用意してください。
 4:開発計画地の現状写真

ご提出いただいた協議書をもとに,専門職員が現地調査を行い,文化財等の有無を確認した後,広島県教育委員会との協議を行い,その取扱いについて回答いたします。

  •  協議書をご提出いただいてから回答書をお返しするまで,通常1ヶ月程度かかります計画を立てられましたら,なるべく早く協議書を提出して下さい。
  • 協議書は窓口に直接提出いただくか,または郵送により提出して下さい。
  • その他ご不明な点がありましたら担当課までお問い合わせ下さい。


受付窓口/文化生涯学習課 文化財保護係(市役所2階)

受付時間/8時30分~17時15分(土日・祝日・12月29日~1月3日は除く)

お問い合わせ先/Tell:(0846)22‐2328 
            Fax:(0846)22‐8460
            E-mail:bunka@city.takehara.lg.jp


 ダウンロード
   協議書様式(word文書)
   協議書記入例(word文書)
 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.