本文へジャンプ

住みよさ実感 瀬戸内交流文化都市たけはら~安芸の小京都~
~安芸の小京都
住みよさ実感
瀬戸内交流文化都市たけはら
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中の各種計画の中の耐震改修促進計画から耐震改修促進計画
ここから本文

建築物の耐震化で地震に強いまちづくりを!

竹原市では住宅・建築物の耐震化を促進することにより,市民の皆さんが安全・安心に生活できる災害に強いまちを実現するために,「竹原市耐震改修促進計画(第2期計画)」を公表しています。
 また、大地震から市民の皆さんの大切な生命や財産を守り,木造戸建て住宅の耐震性に関する意識の啓発を図ることを目的とした「竹原市木造住宅耐震診断補助制度」「竹原市木造住宅耐震改修補助制度」を実施しています。
 


  竹原市耐震改修促進計画(第2期計画)の策定について

本計画は「建築物の耐震改修の促進に関する法律」に基づき,国土交通省が定めた「建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための基本的な方針」及び「広島県耐震改修促進計画」を勘案して,市内の建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための計画を定めたものです。平成20年3月に「竹原市耐震改修促進計画(第1期)」(計画期間:平成19年度~平成27年度)を策定し,市内の住宅・建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図ってきました。近年においては,南海トラフ巨大地震が想定される等,いつどこで大地震が発生してもおかしくない状況であります。こうした状況を踏まえ,耐震化への取組をいっそう継続・発展させるため,「竹原市耐震改修促進計画(第2期計画)」を策定しました。

  本編(PDF 2,762KB)    概要版(PDF 863KB)
 



竹原市では災害に強いまちづくりを進めるため,旧耐震基準(昭和56年5月31日以前)で着工された木造戸建て住宅の耐震診断を,竹原市木造住宅耐震診断設計資格者に依頼して実施する場合に限り,耐震診断に要した費用の一部を補助します。 

 

 耐震診断の結果,耐震性の低い住宅でも適切な耐震改修を行い補強すれば,地震に強い家になります。竹原市では耐震改修工事費の一部を補助します。

 

・木造住宅耐震診断設計資格者は竹原市木造住宅耐震診断補助制度により,木造戸建て住宅の耐震診断を受けようとする市民の依頼に対して耐震診断を実施し,診断結果書の作成や耐震性についての助言を行います。
・ 市は木造住宅耐震診断設計資格者名簿を作成し,都市整備課窓口及びホームページ等で公表します。



 
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.