本文へジャンプ
竹原市トップページへ
サイトの利用についてENGLISHサイトマップ
文字縮小文字標準文字拡大
市の組織協働のまちづくり観光ライフイベントくらしの情報イベントカレンダー
現在位置:TOPの中のライフイベントの中の子育てから児童扶養手当

「児童扶養手当とは」

 「児童扶養手当」とは、父母の離婚などにより、父又は母と生計を同じくしていない児童の健全育成と福祉の増進を図ることを目的とし、支給されます。


○対象となる方

 「児童扶養手当」は、次の1~8のいずれかに該当する18歳に達する日以降最初の3月31日までにある児童(または20歳未満の心身に中度以上の障害がある児童)を監護、養育するひとり親の父または母、養育者に対して支給されます。

 1、父母が離婚した児童

 2、父又は母が死亡又は生死不明である児童

 3、父または母が一定の障害の状態にある児童

 4、父又は母に1年以上遺棄されている児童

 5、父又は母が保護命令を受けた児童

 6、父又は母が1年以上拘禁されている児童

 7、母が婚姻によらないで懐胎した児童

 8、7に該当するかどうか明らかでない児童(孤児等)


○支給について
【 支給月額 】
 平成30年4月現在
児童全部支給一部支給全部停止
1人目42,500円42,490円~10,030円0円
2人目10,040円     10,030円~ 5,020円
3人目以降
1人につき
,020              6,010円~3,010円
※手当額は固定ではありません。物価変動等の要因により改定される場合があります。

【 支給時期 】
 手当は、認定されると認定請求した日の属する月の翌月分から支給され、4月、8月、12月の年3回、前月分までの手当が支給されます。

*支払日が土・日曜日、祝日と重なる場合はその前日が支払日です。
支給対象月支払日
12月、1月、2月、3月分4月11日
4月、5月、6月、7月分8月11日
8月、9月、10月、11月分12月11日

※ 所得が制限を超えている児童が施設に入所している場合などは手当が支給されません。


○申請に必要なもの
【 はじめての方 】 
 ・印鑑

 ・戸籍謄本(1カ月以内に発行されたもの)請求者と対象児童の戸籍謄本
 (対象児童の実父又は母との離婚日や死別日の記載のあるもの)

 ・住民票(同居している方全員の住民票)

 ・振込先金融機関の通帳

 ・年金手帳

 ・健康保険証(申請者と対象児童のもの)

 ・マイナンバーが確認できるもの及び本人確認書類            

個別の状況によって上記以外に必要となる書類があります!詳しくはお問い合わせください。


【 更新される方 】
 市役所から毎年7月末に現況届を送付しますので、8月中に手続きをしてください。


【 変更がある方 】
 次の場合には、届け出が必要となります。

市内に転居した住所変更届
市外に転出した
氏名が変わった氏名変更届
扶養義務者と同じ所在地になった支給停止関係届
扶養義務者と別居になった
支給対象の児童が減った額改定届
支給対象となる児童が増えた額改定請求書
支払金融機関を変更した支払金融機関変更届
証書を亡くした証書亡失届
受給資格に該当しなくなった資格喪失届







お問合せ先
社会福祉課 子ども福祉係
TEL: 0846-22-7742/FAX: 0846-22-5311
 市の組織 協働のまちづくり 観光 ライフイベント くらしの情報 イベントカレンダー
竹原市役所〒725-8666 広島県竹原市中央五丁目1番35号
TEL 0846-22-7719(総務課)/FAX 0846-22-8579