本文へジャンプ
竹原市トップページへ
サイトの利用についてENGLISHサイトマップ
文字縮小文字標準文字拡大
市の組織協働のまちづくり観光ライフイベントくらしの情報イベントカレンダー
現在位置:TOPの中のくらしの情報の中の国民年金から年金受給者現況届

年金受給者現況届

次の場合に、原則として毎年誕生月の上旬に日本年金機構から「現況届」が郵送されますので、下記の手続きをして下さい。

旧老齢年金・通算老齢年金・老齢基礎年金を受給している場合
  • 受給権者の欄に本人が必要事項を記入します。本人が記入できない場合は代理人が記入し、代理人署名欄にも記入します。
  • 誕生月の月末までに日本年金機構に郵送します。
  • 提出期限までに現況届の提出がない場合、年金の支払いが一時停止します。遅れて提出した場合は、一時停止分も支給されます。

障害年金・障害基礎年金(拠出年金)を受給している場合
  • 受給権者の欄に本人が必要事項を記入します。本人が記入できない場合は代理人が記入し、代理人署名欄にも記入します。
  • 診断書の提出が必要な方は、医者・病院で診断書を作成してもらいます。
  • 誕生月の月末までに市民課医療年金係に提出します。
  • 提出期限までに現況届の提出がない場合、年金の支払いが一時停止します。遅れて提出した場合は、一時停止分も支給されます。


次の場合に、毎年7月の上旬に日本年金機構から「現況届」が郵送されますので、次の手続きをして下さい。

障害基礎年金(20歳前障害)を受給している場合
  • 受給権者の欄に本人が必要事項を記入します。本人が記入できない場合は代理人が記入し、代理人署名欄にも記入します。
  • 診断書の提出が必要な方は、医者・病院で診断書を作成してもらいます。
  • 7月末までに市民課医療年金係に提出します。
  • 提出期限までに現況届の提出がない場合、年金の支払いが一時停止します。遅れて提出した場合は、一時停止分も支給されます。

この届出は、引き続き年金を支給すべきか決定する、年に一度の大切なものですので、必ず提出して下さい。ただし、年金を受けられるようになって1年未満の方や、他の公的年金をうけていることにより、引き続き年金の支払いが全額停止となる方は提出する必要はありません。

※平成18年10月から、住民基本台帳ネットワークシステムを活用して年金受給者の現況確認を行うことになりました。これにより、現況届の提出は原則不要となりました。ただし、次の1〜6の人については、これまでどおり提出が必要です。
  1. 日本年金機構が管理している年金受給者の基本情報(氏名・生年月日・性別・住所)が住基ネット(住民票)に保存されている基本情報と相違している人
  2. 住基ネットに参加していない市区町村に住んでいる人
  3. 外国籍(外国人登録)の人
  4. 外国に住んでいる人
  5. 加給額対象者のいる年金受給者
  6. 添付書類として、医師または歯科医師の診断書やレントゲンフィルムなどが必要な人


現況届を紛失した時
誕生日の中頃になっても現況届の用紙が届かないときや、用紙を紛失したときなどは、最寄の年金事務所または市民課医療年金係へご連絡下さい。



年金受給者の手続きについては、年金事務所にお問い合せ下さい。

呉年金事務所 電話 0823−22−1691

お問合せ先
市民課 医療年金係
TEL: 0846-22-7734/FAX: 0846-22-8579
 市の組織 協働のまちづくり 観光 ライフイベント くらしの情報 イベントカレンダー
竹原市役所〒725-8666 広島県竹原市中央五丁目1番35号
TEL 0846-22-7719(総務課)/FAX 0846-22-8579