本文へジャンプ
竹原市トップページへ
サイトの利用についてENGLISHサイトマップ
文字縮小文字標準文字拡大
市の組織協働のまちづくり観光ライフイベントくらしの情報イベントカレンダー
現在位置:TOPの中のくらしの情報の中の医療・健康・健診から乳幼児等医療費助成制度

乳幼児等医療費助成制度

 医療機関にかかった時の医療費の一部を助成する制度です。
 ただし、入院時の食事代、差額室料は該当しません。



  対象となる人

通院・入院ともに対象となるのは、0歳児から小学校6年生(満12歳に達する日以後の最初の3月31日まで)までのお子様です

  一部負担金

区 分一部負担金額
[支払限度日数(一医療機関等ごと)]
その他
保険医療機関
一医療機関ごとに1日500円
[入院月14日まで・通院月4日まで]
ただし、かかった医療費に対する自己負担額が500円に満たないときはその額が支払額となります。
訪問看護
訪問看護事業者ごとに1日500円
[月4日まで]
柔道整復・はり・灸・
あん摩・マッサージ
施術所ごとに1日500円
[月4日まで]
(注)院外処方の場合における保険薬局での一部負担金及び治療用装具代に関する一部負担金はありません。


  所得の制限限度額

扶養の数所得制限限度額
0人532万円
1人570万円
2人608万円
3人646万円
4人684万円
5人722万円
 ※老人扶養親族がある場合、1人につき6万円を加算します。

 

  こんなときには手続きを

こんなとき申請に必要なもの
赤ちゃんが生まれたときマイナンバーが確認できるもの(保護者・対象乳幼児等)
本人確認書類(届出人)
・健康保険証(乳幼児等の名前が記載されたもの)
・印かん
※竹原市に転入された方は保護者の方の収入に関する課税証明書が必要な場合があります。
転入、転出、市内転居したとき
保険証が変わったとき
有効期間を過ぎたとき(更新するとき)
 ※ 新生児等、個人番号確認書類(通知カード等)がまだお手元にない場合でも手続きは可能です。


  更新手続

 受給者証の有効期限は1年間ですが、竹原市において、公簿等により引き続き受給資格の確認ができる場合は、有効期限が切れる直前に新しい受給者証を送付します。公簿等により確認ができない場合にはお知らせしますので、上記「申請に必要なもの」をご持参の上、更新の手続きをお願いします。


  県外で受診したときなど(償還払い)

県外の医療機関で受診したとき、治療用装具を作ったとき、乳幼児等医療費受給者証を忘れて受診したときは、一旦医療機関での負担が必要です。申請すれば、窓口で払った金額の払い戻しができます。

   手続きに必要なもの
 


お問合せ先
市民課 医療年金係
TEL: 0846-22-7734/FAX: 0846-22-8579
 市の組織 協働のまちづくり 観光 ライフイベント くらしの情報 イベントカレンダー
竹原市役所〒725-8666 広島県竹原市中央五丁目1番35号
TEL 0846-22-7719(総務課)/FAX 0846-22-8579